コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飽田 あきた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飽田
あきた

熊本県中部,熊本市の南西部に位置する白川下流域の地区。旧町名。 1991年熊本市に編入。沖積地にあり,米作のほか,露地野菜や施設による野菜栽培が行われる。有明海沿岸ではノリの養殖も発達。近年住宅地化が著しい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あきた【飽田】

熊本県中部,飽託(ほうたく)郡の旧町。1991年飽託郡の他の3町とともに熊本市へ編入。旧町域は西は有明海に臨み,内陸部は沖積地,臨海部は干拓地からなる。産業は野菜や米を中心とする農業が主体で,特にナスは〈飽田長ナス〉として知られる。沿岸部ではノリの養殖が行われている。【松橋 公治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飽田
あきた

熊本県中西部、飽託(ほうたく)郡にあった町。現在は熊本市の南西部を占める地域。旧飽田町は1971年(昭和46)町制施行、1991年(平成3)熊本市に編入。地名は旧飽田郡に由来。旧町域自然堤防の交錯する白川氾濫(はんらん)原と、時代を異にした新旧の干拓地とからなる。低湿地帯であるため、水田(水稲、イグサ、麦)、ハス田が目だったが、1960年代末からの冠水防除事業の施行とともに、これまで裏作的地位にあった野菜栽培が、都市近郊の施設園芸農業(ナス、キュウリなど)としてその基盤を固めるに至った。また、有明(ありあけ)海沿いの地帯では、ノリ、アサリの養殖を兼業としている農家も多い。[山口守人]
『花岡興輝編『飽田町誌』(1972・飽田町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

飽田の関連キーワード姓名/日本のおもな姓氏肥後銀行[株]千々波敬右衛門上野梶右衛門田添 鉄二阿倍比羅夫鹿子木寂心熊本(県)秋田(市)内村 清次熊本(市)熊本[市]鹿子木量平鹿子木荘田添鉄二河尻幸俊佐田介石詫磨能秀肥後銀行城親賢

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飽田の関連情報