コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八鹿 ようか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八鹿
ようか

兵庫県中北部,養父市の北東部を占め,円山川とその支流の八木川,小佐川の流域に位置する地区。旧町名。 1913年町制。 1955年高柳,伊佐,宿南の3村と合体。 2004年4月隣接する養父大屋関宮の3町と合併し市制。中心集落の八鹿は江戸時代には山陰道宿場町を形成していた。国道9号線と 312号線の分岐点にあたり,JR山陰本線八鹿駅も置かれ,但馬地方のバス交通の拠点をなす。但馬養蚕の中心地として栄え,農機具などの生産地としても知られる。国指定史跡箕谷 (みのだに) 古墳群,池田草庵の開いた塾として有名な青谿 (せいけい) 書院跡がある。西部の妙見山一帯は,氷ノ山後山那岐山国定公園但馬山岳県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

やつしか【八鹿】

大分の日本酒。酒名は、3代当主・麻生観八と杜氏・仲摩鹿太郎の名から1字ずつとり命名。純米大吟醸酒、大吟醸酒、純米酒、普通酒がある。全国新酒鑑評会で受賞実績多数。原料米は山田錦、五百万石など。仕込み水は九重山系の伏流水。蔵元の「八鹿酒造」は元治元年(1864)創業。所在地は玖珠郡九重町大字右田。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

八鹿(やつしか)

大分県、八鹿酒造株式会社の製造する日本酒。平成21、22、23酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八鹿
ようか

兵庫県中北部、養父(やぶ)郡にあった旧町名(八鹿町(ちょう))。現在は養父市の北東部を占める一地区。1913年(大正2)町制施行。1955年(昭和30)高柳(たかやなぎ)、伊佐の2村と宿南(しゅくなみ)村の一部と合併。2004年(平成16)養父、大屋(おおや)、関宮(せきのみや)の3町と合併、市制施行して養父市となる(なお、この合併により養父郡は消滅)。旧八鹿町は、円山(まるやま)川と八木(やぎ)川の合流点に位置し、円山川水運と山陰街道の宿場町として発達。JR山陰本線が走り、国道9号と312号が通じる交通の要地である。但馬(たじま)養蚕の中心で、製糸業が立地していたが、現在は養豚、ブロイラー飼育、酪農が発達し、三谷地区に畜産団地が造成されている。チューリップなどの栽培も盛ん。西部の妙見山(みょうけんさん)(1139メートル)東方には但馬地方の妙見信仰の中核である但馬妙見日光院がある。妙見山中腹の名草(なぐさ)神社は近世には日光院と深い関係をもち、妙見宮とよばれた。室町時代の三重塔、江戸時代の本殿、拝殿は国指定重要文化財。国指定史跡として八木(やぎ)城跡と箕谷(みいだに)古墳群がある。戊辰年銘大刀(ぼしんねんめいたち)をはじめとする箕谷2号墳出土品は、国の重要文化財に指定されている。宿南地区には、同地区出身の儒学者・教育者である池田草庵(いけだそうあん)(1813―1878)が開いた漢学塾青谿(せいけい)書院の跡(県史跡)がある。[大槻 守]
『中島喜市編『八鹿町史』全2巻(1971、1977・八鹿町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

八鹿の関連キーワード但馬地方の周産期医療銀座のすずめ兵庫県養父市佐々木 良作八鹿高校事件八鹿[町]井上貞治郎箕谷古墳群麻生 観八植木清兵衛養父(市)国家賠償法東井 義雄養父[市]朝倉山椒八木城跡山陰美人大分県鉢伏山顕微鏡

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八鹿の関連情報