コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八鹿 ようか

4件 の用語解説(八鹿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八鹿
ようか

兵庫県中北部,養父市の北東部を占め,円山川とその支流の八木川,小佐川の流域に位置する地区。旧町名。 1913年町制。 1955年高柳,伊佐,宿南の3村と合体。 2004年4月隣接する養父,大屋,関宮の3町と合併し市制。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

やつしか【八鹿】

大分の日本酒。酒名は、3代当主・麻生観八と杜氏・仲摩鹿太郎の名から1字ずつとり命名。純米大吟醸酒大吟醸酒、純米酒、普通酒がある。全国新酒鑑評会で受賞実績多数。原料米は山田錦、五百万石など。仕込み水は九重山系の伏流水。蔵元の「八鹿酒造」は元治元年(1864)創業。所在地は玖珠郡九重町大字右田。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

八鹿(やつしか)

大分県、八鹿酒造株式会社の製造する日本酒。平成21、22、23酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八鹿
ようか

兵庫県中北部、養父(やぶ)郡にあった旧町名(八鹿町(ちょう))。現在は養父市の北東部を占める一地区。1913年(大正2)町制施行。1955年(昭和30)高柳(たかやなぎ)、伊佐の2村と宿南(しゅくなみ)村の一部と合併。2004年(平成16)養父、大屋(おおや)、関宮(せきのみや)の3町と合併、市制施行して養父市となる(なお、この合併により養父郡は消滅)。旧八鹿町は、円山(まるやま)川と八木(やぎ)川の合流点に位置し、円山川水運と山陰街道の宿場町として発達。JR山陰本線が走り、国道9号と312号が通じる交通の要地である。但馬(たじま)養蚕の中心で、製糸業が立地していたが、現在は養豚、ブロイラー飼育、酪農が発達し、三谷地区に畜産団地が造成されている。チューリップなどの栽培も盛ん。西部の妙見山(みょうけんさん)(1139メートル)東方には但馬地方の妙見信仰の中核である但馬妙見日光院がある。妙見山中腹の名草(なぐさ)神社は近世には日光院と深い関係をもち、妙見宮とよばれた。室町時代の三重塔、江戸時代の本殿、拝殿は国指定重要文化財。国指定史跡として八木(やぎ)城跡と箕谷(みいだに)古墳群がある。戊辰年銘大刀(ぼしんねんめいたち)をはじめとする箕谷2号墳出土品は、国の重要文化財に指定されている。宿南地区には、同地区出身の儒学者・教育者である池田草庵(いけだそうあん)(1813―1878)が開いた漢学塾青谿(せいけい)書院の跡(県史跡)がある。[大槻 守]
『中島喜市編『八鹿町史』全2巻(1971、1977・八鹿町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八鹿の関連キーワード豊後富士勲の松男花貴運久杉能舎力鶴豊駒豊乃関晴菊美保鶴

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八鹿の関連情報