コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円山川 まるやまがわ

6件 の用語解説(円山川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

円山川
まるやまがわ

兵庫県北部を流れる川。朝来川(あさごがわ)ともいう。中国山地東部の播但国境山地付近に発し,途中で大屋川,八木川,出石川などを合わせ,豊岡市津居山港付近で日本海に注ぐ。全長 68km。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まるやま‐がわ〔‐がは〕【円山川】

兵庫県中央北部を流れる川。朝来(あさご)市生野町の円山(標高640メートル)付近に源を発して北流し、養父(やぶ)市・豊岡市を流れ日本海に注ぐ。長さ68キロ。流域の豊岡盆地穀倉地帯。また、付近には天然記念物の玄武洞がある。平成24年(2012)、下流域とその周辺水田がラムサール条約に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

円山川【まるやまがわ】

兵庫県北部の川。朝来(あさご)川とも。長さ68km。生野町(現・朝来市)の中国山地中に発し,北流して豊岡市津居山で日本海に注ぐ。江戸時代には西回り海運と結ばれる水路が開かれ,高瀬舟が往来した。
→関連項目朝来[町]出石[町]城崎[町]但東[町]豊岡[市]日高[町]兵庫[県]養父[町]八鹿[町]ラムサール条約和田山[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

まるやまがわ【円山川】

兵庫県北部を流れる但馬(たじま)地方最大の川。朝来(あさご)川ともいう。県中部の生野峠付近に発して北流し,豊岡市津居山港付近で日本海に注ぐ。幹川流路延長68km,全流域面積1300km2。流域には広い谷底平野が発達し,出石(いずし)盆地,豊岡盆地は但馬の穀倉地帯であった。傾斜がゆるやかで水量が豊富なために水上交通に早くから利用されたが,下流は蛇行が多く,1938年に改修が終わるまではんらん常襲地であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕円山川(まるやまがわ)


兵庫県北部を流れる川。朝来(あさご)市生野(いくの)町の北西部に源を発し、北流して豊岡(とよおか)盆地を貫流、豊岡市北部で日本海に注ぐ。1級河川(円山川水系)。延長68km。流域面積1300km2。下流の豊岡盆地は低平な米作地帯だが、今も洪水の危険がある。下流東岸に国指定天然記念物の玄武洞(げんぶどう)がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

円山川
まるやまがわ

兵庫県中西部を北流して日本海に注ぐ一級河川。但馬(たじま)・播磨(はりま)国境に近い朝来(あさご)市生野(いくの)町円山付近に源を発して但馬地方を北流し、豊岡(とよおか)市津居山(ついやま)で日本海へ注ぐ。延長68キロメートル。流域面積1300平方キロメートル。養父(やぶ)市以北では谷幅が広がり、穀倉地帯の豊岡盆地となる。かつてはここまで入り江で、いまも満潮時には出石(いずし)川との合流点まで海水が進入するほど低平であり、氾濫(はんらん)に悩まされてきた。流域では桑畑が、豊岡盆地では柳行李(やなぎごうり)用の杞柳(きりゅう)(コリヤナギ)が栽培されたが、現在そのおもかげはない。近世には中流の藪崎(やぶさき)(養父市)まで高瀬舟の舟運があった。[大槻 守]
『神戸新聞社但馬総局編『円山川』(1970・のじぎく文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の円山川の言及

【豊岡盆地】より

…兵庫県北部,円山(まるやま)川下流にある南北に細長い盆地。平野の乏しい但馬(たじま)地方では最大の穀倉地帯をなす。…

※「円山川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

円山川の関連キーワード但馬牛神戸ビーフ但馬但馬ビーフ但馬飛行場但馬のまほろば但馬楽座たじまるようか但馬蔵但馬銀行

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

円山川の関連情報