コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明延鉱山 あけのべこうざん

7件 の用語解説(明延鉱山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明延鉱山
あけのべこうざん

兵庫県中北部,養父市大屋の南東にあった鉱山。大同1 (806) 年発見と伝えられ,生野鉱山産の銅とともに奈良の大仏の鋳造に利用されたといわれる。明治維新後御料局の管轄下に置かれ,1896年三菱合資会社払い下げられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あけのべ‐こうざん〔‐クワウザン〕【明延鉱山】

兵庫県養父(やぶ)市にあった鉱山。錫(すず)亜鉛などを産出。昭和62年(1987)に閉山。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

明延鉱山【あけのべこうざん】

兵庫県養父(やぶ)市にあった鉱山。明治末年に日本では珍しいスズ鉱脈が発見され,一時は全国の約80%のスズを産し,銅,鉛,亜鉛,タングステン,金,銀も産出した。鉱石は朝来(あさご)町(現・朝来市)の神子畑(みこばた)で選鉱し,スズ鉱は生野で精錬していた。
→関連項目大屋[町]養父[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

明延(あけのべ)鉱山

兵庫県養父市にあった鉱山。金、銀、銅、鉛、亜鉛、スズ、タングステンなどを産出。平安時代初期には採掘が始められていたとされる。明治期には政府の直営鉱山となり、スズの鉱量は日本有数を誇った。1987年閉山。国の近代化産業遺産に認定されており、現在は坑道の一部を公開している。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あけのべこうざん【明延鉱山】

兵庫県養父郡大屋町にあった鉱山で,スズ,タングステン,金,銀などを伴う銅・鉛・亜鉛鉱床を採掘していた。大同年間(平安初期)の創始とされているが,明治初年に生野鉱山などとともに官営となり,その後三菱合資会社に払い下げられたが1987年に閉山となった。白亜紀~第三紀のケイ長岩の貫入によって生じた割れ目充てん熱水鉱床で,百数十条を超す鉱脈が発見されて開発されており,とくに近年は,スズを中心に,日本の重要鉱山の一つに数えられていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あけのべこうざん【明延鉱山】

兵庫県養父市大屋町明延の鉱山。大同年間(806~810)の発見とされる。スズを中心に、日本の重要鉱山の一つであった。1987年(昭和62)に閉山し、観光坑道として残る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明延鉱山
あけのべこうざん

兵庫県中北部、養父(やぶ)市大屋町(おおやちょう)地区にあった金属鉱山。生野(いくの)鉱山などと同様、成因から裂罅性充填(れっかせいじゅうてん)鉱床とよばれる。平安時代初期に発見という伝承は不確かであるが、室町時代には銅を産出していた。近世には銀鉱も開かれ、1599年(慶長4)には天領となったが、18世紀後半には衰退した。1896年(明治29)に政府から三菱(みつびし)資本に払い下げられてから大規模な開発が進み、1908年(明治41)には錫(すず)鉱も発見された。1919年(大正8)に神子畑(みこばた)(朝来(あさご)市)に選鉱所がつくられ、明延との間約4キロメートルには鉱山電車が敷かれた。1940年(昭和15)ごろが最盛期で、深い谷間に人口数千の鉱山町を形成した。第二次世界大戦後は減産と合理化のため、1976年(昭和51)からは三菱金属から分離した明延鉱業が稼行していた。当時はなお智恵(ちえ)門、銀星など多数の鉱脈から銅、亜鉛、錫を産し、ことに錫は精鉱生産高で全国の80%を占めるなど西日本有数の鉱山であった。しかし、金属不況のなかで国際競争力が低下して操業が困難となり、1987年に閉山となった。現在鉱山跡には探検坑道や鉱山学習館、スズ工房が整備され、廃校となった小学校を利用した「あけのべ自然学校」と結んだ体験学習の場として活用されている。一円電車で知られた明延名物の鉱山電車も保存されている。
 なお、神子畑にも近世から明治にかけて銀や銅を産出する鉱山があり、明治中期に最盛期を迎えた。1885年(明治18)、鉱石を生野鉱山へ運ぶ馬車鉄道が引かれ、そのとき架けられた神子畑鋳鉄橋は日本最古の全鋳鉄の橋として国の重要文化財に指定されている。2007年(平成19)には経済産業省より近代化産業遺産の一つとして認定された。[大槻 守]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明延鉱山の関連キーワード兵庫県養父市大屋町明延兵庫県養父市大屋町筏兵庫県養父市大屋町加保兵庫県養父市大屋町蔵垣兵庫県養父市大屋町樽見兵庫県養父市大屋町中兵庫県養父市大屋町由良兵庫県養父市大屋町若杉兵庫県養父市大屋町和田兵庫県養父市大屋町山路

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

明延鉱山の関連情報