コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香々地 かかぢ

2件 の用語解説(香々地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

香々地
かかぢ

大分県北東部,豊後高田市北部の旧町域。国東半島北西部に位置し,周防灘に面する。 1919年町制。 1954年三浦村,三重村の2村と合体。 2005年豊後高田市真玉町と合体し,豊後高田市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

香々地
かかじ

大分県北東部、西国東(くにさき)郡にあった旧町名(香々地町(ちょう))。現在は豊後高田(ぶんごたかだ)市の北端部を占める地域。1919年(大正8)岬(みさき)村が町制施行して香々地町と改称。1954年(昭和29)三重(みえ)、三浦(みうら)の2村と合併。2005年(平成17)豊後高田市に合併。旧町名は中世の荘(しょう)名による。国東半島の海岸を回る国道213号が通じ、半島北西部4放射谷の米作と5放射山稜(さんりょう)上の平坦(へいたん)面のタバコ、ミカン、シイタケ作が主産業。南東部山地の夷谷(えびすだに)は集塊岩の耶馬渓(やばけい)式風景で、瀬戸内海国立公園の一部。長崎鼻の海食洞穴は県指定天然記念物である。尾崎には県立香々地少年自然の家があり、小・中学生の研修場として利用されている。[兼子俊一]
『『香々地町誌』(1979・香々地町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

香々地の関連キーワード大分県豊後高田市夷大分県豊後高田市香々地大分県豊後高田市鼎大分県豊後高田市黒土大分県豊後高田市界大分県豊後高田市佐野大分県豊後高田市新町大分県豊後高田市高田大分県豊後高田市見目大分県豊後高田市森

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

香々地の関連情報