コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香々地 かかぢ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

香々地
かかぢ

大分県北東部,豊後高田市北部の旧町域。国東半島北西部に位置し,周防灘に面する。 1919年町制。 1954年三浦村,三重村の2村と合体。 2005年豊後高田市真玉町と合体し,豊後高田市となる。江戸時代は正徳2 (1712) 年以後延岡藩 (牧野氏,のち内藤氏) の領地であった。竹田川,見目川の谷沿いの低地で米作,山地の平坦面で畑作,ミカンタバコ,野菜などの栽培が行なわれる。海岸には海食崖が発達し,長崎鼻,貴船,松原などの海水浴場がある。中山仙境と呼ばれる竹田川上流の夷谷 (えびすだに) は景勝地で,山地の一部は瀬戸内海国立公園に,その周辺と北部海岸は国東半島県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

香々地
かかじ

大分県北東部、西国東(くにさき)郡にあった旧町名(香々地町(ちょう))。現在は豊後高田(ぶんごたかだ)市の北端部を占める地域。1919年(大正8)岬(みさき)村が町制施行して香々地町と改称。1954年(昭和29)三重(みえ)、三浦(みうら)の2村と合併。2005年(平成17)豊後高田市に合併。旧町名は中世の荘(しょう)名による。国東半島の海岸を回る国道213号が通じ、半島北西部4放射谷の米作と5放射山稜(さんりょう)上の平坦(へいたん)面のタバコ、ミカン、シイタケ作が主産業。南東部山地の夷谷(えびすだに)は集塊岩の耶馬渓(やばけい)式風景で、瀬戸内海国立公園の一部。長崎鼻の海食洞穴は県指定天然記念物である。尾崎には県立香々地少年自然の家があり、小・中学生の研修場として利用されている。[兼子俊一]
『『香々地町誌』(1979・香々地町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

香々地の関連情報