コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真玉 またま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真玉
またま

大分県北東部,豊後高田市中北部の旧町域。国東半島北西部に位置し,周防灘に面する。 1954年玉村,臼野村,上真玉村の3村が合体,1955年町制。 2005年豊後高田市,香々地町と合体し,豊後高田市となる。両子山山麓と真玉川,臼野川沿岸の沖積地,および海岸段丘干拓地からなる。江戸時代は正徳2 (1712) 年以後延岡藩 (牧野氏,のち内藤氏) の領地であった。主産業は農業で,米作のほか,野菜などが栽培される。遠浅の海岸では養殖漁業が行なわれる。椿大師堂,無動寺,応暦寺,福真磨崖仏など由緒ある仏寺,仏跡が多い。城前には真玉温泉がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ま‐たま【真玉】

玉の美称
「―なす吾(あ)が思(も)ふ妹」〈・下・歌謡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

またま【真玉】

〔「真」は接頭語〕
玉の美称。 「真杙まくいには-をかけ/古事記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真玉
またま

大分県北東部、西国東(にしくにさき)郡にあった旧町名(真玉町(まち))。現在は豊後高田(ぶんごたかだ)市の北部寄りを占める地域。1955年(昭和30)町制施行。2005年(平成17)豊後高田市に合併。国東半島西部の真玉川・臼野(うすの)川両放射谷を主として、周防灘(すおうなだ)に臨む。国東半島海岸を巡る国道213号が通じる。放射谷の米作と、放射山稜(さんりょう)緩斜面や海岸段丘面の野菜・タバコ・ミカン作、干拓地の野菜(ネギ・スイカ)作が主産業。遠浅海岸には貝類・ノリを産する。椿(つばき)大師堂は春秋の大祭ににぎわう。無動(むどう)寺、応暦(おうれき)寺の木造仏や福真磨崖(ふくままがい)仏など文化財が多く、城前(じょうのまえ)には温泉がある。[兼子俊一]
『『真玉町誌』(1978・真玉町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

真玉の関連キーワード大分県豊後高田市西真玉大分県豊後高田市豊後高田(市)香々地[町]野上 菊太郎桑原 康則平良 良勝野上菊太郎竹田 益州真玉[町]琉球美術大藪文雄接頭語古事記グスク尚真

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真玉の関連情報