コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真玉 またま

4件 の用語解説(真玉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真玉
またま

大分県北東部,豊後高田市中北部の旧町域。国東半島北西部に位置し,周防灘に面する。 1954年真玉村,臼野村,上真玉村の3村が合体,1955年町制。 2005年豊後高田市香々地町と合体し,豊後高田市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ま‐たま【真玉】

玉の美称。
「―なす吾(あ)が思(も)ふ妹」〈・下・歌謡〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

またま【真玉】

〔「真」は接頭語〕
玉の美称。 「真杙まくいには-をかけ/古事記

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真玉
またま

大分県北東部、西国東(にしくにさき)郡にあった旧町名(真玉町(まち))。現在は豊後高田(ぶんごたかだ)市の北部寄りを占める地域。1955年(昭和30)町制施行。2005年(平成17)豊後高田市に合併。国東半島西部の真玉川・臼野(うすの)川両放射谷を主として、周防灘(すおうなだ)に臨む。国東半島海岸を巡る国道213号が通じる。放射谷の米作と、放射山稜(さんりょう)緩斜面や海岸段丘面の野菜・タバコ・ミカン作、干拓地の野菜(ネギ・スイカ)作が主産業。遠浅海岸には貝類・ノリを産する。椿(つばき)大師堂は春秋の大祭ににぎわう。無動(むどう)寺、応暦(おうれき)寺の木造仏や福真磨崖(ふくままがい)仏など文化財が多く、城前(じょうのまえ)には温泉がある。[兼子俊一]
『『真玉町誌』(1978・真玉町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真玉の関連キーワードいろせいろねいろはいろもさ小峰狭霧棚引くどけちみと小首

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

真玉の関連情報