コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊後高田市 ぶんごたかだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊後高田〔市〕
ぶんごたかだ

大分県北東部,国東半島の西半分を占め,周防灘に臨む市。1954年田染村を編入して市制。1955年封戸村の一部を編入。2005年香々地町,真玉町と合体。中心市街地の高田は鎌倉時代初期に大友氏の豊後入国に随行した高田氏の築城に始まるといわれ,文禄3(1594)~慶長6(1601)年は竹中氏 1万5000石の城下町。のち,中津藩細川氏などを経て寛文9(1669)年以後は国東半島西部を領した島原藩松平氏の陣屋町として発達した。当時の陣屋跡のある桂川右岸の玉津台地は市の行政中心地区。左岸の自然堤防上の高田地区は,玉津の対向集落として発達した商業地区である。農村部では米作のほか,タバコ,ミカンの栽培が行なわれ,沿岸部では遠浅を利用して養殖漁業が行なわれる。県北国東テクノポリスの中核都市として集積回路関連企業が進出。市域には国宝の富貴寺大堂,国指定重要文化財の仏像 9体が保管されている真木大堂,国の史跡・重要文化財である熊野磨崖仏のほか,石造宝塔,板碑など仏教文化の重要な遺跡が多い。長岩屋天念寺は国の重要無形民俗文化財の修正鬼会を伝える。北部の中山仙境と呼ばれる竹田川上流の夷谷(えびすだに)は景勝地で,一帯は瀬戸内海国立公園に,山地部分の多くは国東半島県立自然公園に属する。国道213号線が通じる。面積 206.24km2。人口 2万2853(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

豊後高田市の関連キーワード大分県豊後高田市田染小崎大分県豊後高田市田染池部大分県豊後高田市田染横嶺大分県豊後高田市田染上野大分県豊後高田市かなえ台大分県豊後高田市鍛治屋町大分県豊後高田市田染真木大分県豊後高田市田染相原大分県豊後高田市上香々地大分県豊後高田市大岩屋大分県豊後高田市是永町大分県豊後高田市中真玉大分県豊後高田市小田原大分県豊後高田市中央通大分県豊後高田市金谷町大分県豊後高田市堅来大分県豊後高田市草地大分県豊後高田市新栄大分県豊後高田市新城大分県豊後高田市新地

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豊後高田市の関連情報