駆込(読み)かけこみ

世界大百科事典 第2版の解説

かけこみ【駆込】

欠入,走入とも称し,人に追われて逃げ場を失い,近辺の屋敷,寺院などに避難して保護を受ける行為,またそのような行為が社会的に定型化されたものとしての慣行をいう。日本の中世・近世社会に広く見られるものである。江戸時代,鎌倉松ヶ岡の東慶寺や上野国世良田の満徳寺縁切寺として,寺内へ駆け込んだ女性に離婚の成立する慣行があったことはよく知られている。また奥州の守山藩では罪を犯した百姓たちが,その菩提寺などに駆け入り,〈寺抱え〉となることによって藩の処罰をうけずにすむ慣行が存在していた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かっ‐こ・む【駆込】

〘自マ四〙 (「かけこむ(駆込)」の変化した語) 駆けてはいる。逃げこむ。また、はいりこんでくる。
※洒落本・船頭部屋(19C初)鳥居町舟宿の套「かし蔵のひあわいから、あしばやにかっこみ、いきなりにこたつへむぐりこむ」

かり‐こ・む【駆込】

[1] 〘他マ下二〙 むりに追い立ててある物の中へ入れる。追いこめる。
※太平記(14C後)一二「内海外海の龍神共、悉く守敏の呪力を以て、水瓶の中に駆籠(カリコメ)て」
[2] 〘他マ四〙 (一)に同じ。
浮世草子・武家義理物語(1688)五「此度御下(した)の百姓迄もかりこまれしが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の駆込の言及

【アジール】より

…寺院にアジールを意味する遁科屋(たんかや)と称する建物のあったこと,また高山寺の明恵上人が北条泰時に〈敗軍の兵士来りなば袖の下,袈裟の裏なりとも隠してとらす〉と自らの命を賭した話は,寺院のアジールを顕著に現している。これは寺への駆込みによって,世俗の権力や権利義務関係からも絶縁するという〈無縁〉の原理にささえられ,しかも不入の権とあいまって,室町時代末期から戦国時代にかけて諸国に普及し,分国大名の菩提寺などが〈無縁所〉としてアジールの特権を与えられた。しかし各分国内の政治的統一が強化されるとともに,この特権も,楽市・楽座などの特権と同様に,しだいに制限され否定されるに至った。…

※「駆込」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

駆込の関連情報