コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近世社会 きんせいしゃかい

世界大百科事典 第2版の解説

きんせいしゃかい【近世社会】

近世〉という言葉には,時代により異なった意味がある。江戸時代国学者用語では,今にいたる近い世の意味をもっており,今日の言葉でいえば現代にあたる意味が強い。明治中期の官選歴史書では,近世はほぼ〈江戸時代〉というに近い意味をもっていた。これも明治に先立つ近い世を意味するものであろう。しかし今日の歴史家の用語例では,近い過去の意味をこえた内容を近世という言葉にもたせているといってよい。経済を中心にいえば,明治以後を資本主義の時代あるいは市民社会とみるのに対し,資本主義以前の時代とする気持がこめられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

近世社会の関連キーワードトゥガン=バラノフスキーキリシタン禁制糸割符由緒書遠藤 隆吉田添 鉄二小竹 文夫世事見聞録久松 義典清水 泰次動物報恩譚メネラオス織豊政権六合雑誌河上 清石田春律佐藤 正遠藤隆吉小泉信三惣無事令四書集注

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

近世社会の関連情報