コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有度浜 うどはま

4件 の用語解説(有度浜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有度浜
うどはま

静岡県中部,静岡市南部の有度山南麓(→久能山)に広がる浜。駿河区から清水区にまたがる断崖下にあり,かつては地引網漁業や製塩が盛んに行なわれたが,現在は石垣いちごの栽培で観光客を集めている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うど‐はま【有度浜】

静岡市有土山南麓の海岸。[歌枕]
「年ふれば駿河なるてふ―のうとくのみなどなりまさるらむ」〈古今六帖・二〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うどはま【有度浜】

静岡市、久能山の東麓とうろく、美保松原から南西に延びる海浜。⦅歌枕⦆ 「年ふれば駿河なるてふ-のうとくのみなどなりまさるらむ/古今六帖 2」 〔多く、「うとし」を導く序詞として詠まれた〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有度浜
うどはま

静岡市の駿河(するが)湾に面する海岸。有度山の南麓(なんろく)に沿って延びる。久能(くのう)山から三保松原(みほのまつばら)に至る海岸をさすこともあり、宇度浜とも書かれた。かつて製塩もみられたが、現在は石垣イチゴの産地である。海浜の後退が著しく、高潮時には海岸侵食の被害の発生することもある。[北川光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有度浜の関連キーワード静岡県静岡市駿河区池田静岡県静岡市葵区梅ヶ島静岡県静岡市葵区北静岡県静岡市葵区沓谷静岡県静岡市葵区下静岡県静岡市駿河区登呂静岡県静岡市葵区羽鳥静岡県静岡市葵区南沼上静岡県静岡市駿河区谷田静岡県静岡市清水区由比

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone