コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高カリウム血症 こうカリウムけっしょうhyperkalemia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高カリウム血症
こうカリウムけっしょう
hyperkalemia

カリウム過剰血症ともいう。血液中にカリウムが過量に含まれる状態。重症腎炎,尿毒症カリウム剤の急速過剰投与,保存血大量輸血,やけど,溶血アジソン病,抗アルドステロン剤の投与などが原因となる。高カリウム血症があると,筋肉の弛緩性麻痺,四肢の知覚異常,下肢重感,心電図の変化などが現れる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

高カリウム血症

カリウムの濃度腎臓が調節するが、限界を超えると徐々に血液内に蓄積され、致死量に達すると心臓が止まる。一見してわかる顕著な兆候はなく、突然死亡したように見えるとされる。高カリウム血症は多くの場合、発症までに数日間かかるが、打撃が強く広範囲にわたれば半日程度で発症するケースもある。

(2008-01-01 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高カリウム血症
こうかりうむけっしょう

血中のカリウム濃度が上昇して1リットル当り5.5ミリ当量(5.5mEq/l)以上となり、細胞の働きが低下した状態。電解質代謝異常の代表的疾患とされる。原因の一つに腎臓(じんぞう)からのカリウム排泄(はいせつ)の低下があり、アルドステロンの欠乏や腎不全、尿細管の障害、カリウム蓄積を呈する利尿剤の使用などが原因で生ずる。これとは別に、細胞内からカリウムが遊離して血中など細胞外へ移行する場合があり、原因は血液が酸性に傾くアシドーシスや血管内溶血、筋肉壊死(えし)、周期性四肢麻痺(まひ)、サクシニルコリンなどの薬剤投与などである。また、やけどなどによる細胞破壊やカリウム含有薬剤の過剰摂取などによっても生ずる。駆血(くけつ)帯の締めすぎなど採血時の条件が原因となる場合もある。なお、血小板増多症や白血球増多症が原因でカリウム濃度の上昇がみられる偽性高カリウム血症もあるが、これは除外される。
 症状としては、悪心(おしん)・嘔吐(おうと)、筋力低下、しびれや麻痺、心機能異常や不整脈などを伴う。血中カリウム濃度がさらに上昇し重症化すると致死性不整脈から心停止に陥る危険性がある。治療は、原因となる疾患があればこれを除去し、血中カリウムを低下させて細胞内へ移行させることを目的にグルコースやインスリンの点滴静注などを行う。重い腎機能不全などには透析治療が用いられる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高カリウム血症の関連キーワード挫滅症候群(圧挫症候群/クラッシュ・シンドローム)腎臓のしくみとはたらきカリウムと代謝異常クラッシュ症候群成人T細胞白血病尿細管疾患腎疾患とは糸球体腎炎急性腎不全

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android