高天(こうてん)

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

こうてん【高天】

長野の日本酒。酒名は、祖先戒名「高天良橋禅定門」に由来大吟醸酒純米吟醸酒吟醸酒純米酒本醸造酒、普通酒がある。昭和3年(1928)全国清酒品評会で長野県初の名誉賞を受賞。平成12、17、20、22、24、26年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は美山錦しらかば錦山田錦など。蔵元の「高天酒造」は明治4年(1871)創業。所在地は岡谷市銀座。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐てん カウ‥【高天】

〘名〙 高い空。また、秋の空。
※凌雲集(814)和菅祭酒秋夜途中聞笙之什〈藤原冬嗣〉「高天日暮多秋感、退食飛纓下玉京
※太平記(14C後)一二「高天も地に落ち、大地も裂るが如し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報