コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋信次 たかはししんじ

3件 の用語解説(高橋信次の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高橋信次
たかはししんじ

[生]1912.1.28. 福島,二本松
[没]1985.4.2. 愛知,名古屋
放射線医学者。 1938年東北大学医学部卒業。 47年青森医学専門学校 (現弘前大学) 教授,54年名古屋大学教授となり,放射線医学教室を開講。 73年浜松医科大学副学長,80年から愛知県がんセンター総長をつとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋信次 たかはし-しんじ

1912-1985 昭和時代の放射線医学者。
明治45年1月28日生まれ。弘前大教授,名大教授,浜松医大副学長,愛知県がんセンター総長を歴任。X線CTの基礎となったX線回転撮影法,X線拡大撮影法などを開発,放射線診断学の進歩に貢献した。昭和52年「X線による生体病理解剖の研究」で学士院恩賜賞,59年文化勲章。昭和60年4月2日死去。73歳。福島県出身。東北帝大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高橋信次
たかはししんじ
(1912―1985)

放射線医学者。福島県生まれ。1938年(昭和13)東北帝国大学医学部を卒業し、1941年同大の放射線医学教室講師となり、古賀良彦(1901―1967)に師事。青森医学専門学校教授、弘前(ひろさき)大学医学部教授を経て、1954年名古屋大学教授、1974年同名誉教授、浜松医科大学副学長を歴任し、1977年X線による生体病理解剖の研究で日本学士院賞恩賜賞を受賞。1979年文化功労者、1980年愛知県がんセンター総長となる。人体を3次元的に撮影するX線回転撮影法、X線多色撮影法、X線拡大撮影法など独創的なX線撮影法を開発し、X線による生体の病理解析を実現して放射線診断学を進歩させた。1984年文化勲章を受章し、1985年スウェーデン王立科学アカデミーゴールドメダルを受賞した。また放射線防護の研究をして、国際放射線防護委員会(ICRP)で活躍した。昭和60年4月2日没。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

高橋信次の関連キーワード光の科学史バーブ明治天皇大正バルカン戦争数奇伝金栗四三タイタニック号南極ケズウィック

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone