コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋信次 たかはししんじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高橋信次
たかはししんじ

[生]1912.1.28. 福島,二本松
[没]1985.4.2. 愛知,名古屋
放射線医学者。 1938年東北大学医学部卒業。 47年青森医学専門学校 (現弘前大学) 教授,54年名古屋大学教授となり,放射線医学教室を開講。 73年浜松医科大学副学長,80年から愛知県がんセンター総長をつとめた。体を輪切りにした状態のX線回転撮影法の研究により世界的に著名となった。この方法は,現在,癌の診断などに威力を発揮しているコンピュータ断層撮影装置を臨床的に利用する源流となった。 77年「X線による生体病理解剖の研究」で日本学士院恩賜賞,79年文化功労者,84年文化勲章受章

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋信次 たかはし-しんじ

1912-1985 昭和時代の放射線医学者。
明治45年1月28日生まれ。弘前大教授,名大教授,浜松医大副学長,愛知県がんセンター総長を歴任。X線CTの基礎となったX線回転撮影法,X線拡大撮影法などを開発,放射線診断学の進歩に貢献した。昭和52年「X線による生体病理解剖の研究」で学士院恩賜賞,59年文化勲章。昭和60年4月2日死去。73歳。福島県出身。東北帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高橋信次
たかはししんじ
(1912―1985)

放射線医学者。福島県生まれ。1938年(昭和13)東北帝国大学医学部を卒業し、1941年同大の放射線医学教室講師となり、古賀良彦(1901―1967)に師事。青森医学専門学校教授、弘前(ひろさき)大学医学部教授を経て、1954年名古屋大学教授、1974年同名誉教授、浜松医科大学副学長を歴任し、1977年X線による生体病理解剖の研究で日本学士院賞恩賜賞を受賞。1979年文化功労者、1980年愛知県がんセンター総長となる。人体を3次元的に撮影するX線回転撮影法、X線多色撮影法、X線拡大撮影法など独創的なX線撮影法を開発し、X線による生体の病理解析を実現して放射線診断学を進歩させた。1984年文化勲章を受章し、1985年スウェーデン王立科学アカデミーゴールドメダルを受賞した。また放射線防護の研究をして、国際放射線防護委員会(ICRP)で活躍した。昭和60年4月2日没。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高橋信次の関連キーワード恩賜賞受賞者幸福の科学GLA

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android