コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高駢 こうべん Gāo Pián

1件 の用語解説(高駢の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうべん【高駢 Gāo Pián】

?‐887
中国,唐末の節度使。字は千里,幽州(北京)の人。禁軍の将校から身を起こし,安南都護,静海軍節度使,天平軍節度使,西川節度使,荆南節度使を歴任して,党項(タングート)や南詔の討伐に功績をあげた。黄巣の乱に際しては,浙東へ侵攻する黄巣軍を撃破して福建・広東方面への転進を一時は余儀なくさせ,諸道行営都統として官軍の総帥となった。しかし治所揚州に居すわったままで,その後,長安を占拠した黄巣軍の討伐に積極的ではなく,形勢を観望するのみであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高駢の関連キーワード後唐後梁呉越朱全忠節度使前蜀藩鎮毫釐の差は千里の謬り千里虎は千里往って千里還る

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone