コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タングート タングートTangut

4件 の用語解説(タングートの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

タングート(Tangut)

6世紀から14世紀にかけて、中国西北部からチベット北部で活躍したチベット系民族。一族の李元昊(りげんこう)が1038年に西夏を建国した。党項。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

タングート

漢字では党項。6―14世紀に中国北西部を中心に活躍したチベット系民族。中国で(きょう)と呼ばれる部族の一つ。初め四川・青海地方にいたが,吐蕃(とばん)の圧迫を受けて東遷し,陝西・甘粛地方に移った。
→関連項目西夏語

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タングート【Tangut】

6世紀より14世紀にかけて中国西北辺境に活躍したチベット・ビルマ語系の部族。この称呼は南北朝時代よりみえ,原住地は四川省北西辺から青海省にわたる山地であった。隋・唐初のタングートは中国と吐谷渾(とよくこん)の間にあって活動したが,やがて吐蕃の強圧によりその一部は吐蕃に服属して弭薬Mi‐nyakと称せられ,残部は唐に付して東遷をつづけ,この間に拓跋氏の平夏部とならんで東山部,さらにのちには南山部の出現をみたが,中核である平夏部は勢力を増し,その部長,拓跋思恭は唐に武力援助をして定難軍節度使を授かり(881),夏・銀・綏(すい)・宥(ゆう)・静5州に地盤をきずき,東西交通の要衝をしめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タングート
たんぐーと
Tangut

中国の西北部を中心に6世紀から14世紀ごろまで活躍した民族。チベット系羌(きょう)の一族であり、諸部族に分かれ、7世紀の初めごろから、吐蕃(とばん)(チベット)と青海地方の強国吐谷渾(とよくこん)に挟まれた地域に居住した。拓跋(たくばつ)部の首領拓跋赤辞(せきじ)が、吐谷渾の王家と通婚するに及んで最強の部族となり、タングートの指導権を握った。唐の太宗(在位626~649)の懐柔策によって、タングートは唐に服属し、赤辞は唐朝から李(り)姓を賜った。その後、吐蕃が興隆して吐谷渾を破り、青海地方を領有すると、タンダートも吐蕃に吸収され、その支配下に入ったが、吐蕃への隷属を好まなかった一部のタングート人は、8世紀の後半から青海の地を離れて、北北東に向かい、甘粛(かんしゅく)の東端の慶州に移動。その部族を東山部といい9世紀の中ごろから霊州、塩州の南方山地に移った部族を南山部と称した。拓跋部も慶州に入ったが、8世紀中ごろからさらにオルドスの南部の夏州に移動した。これを平夏部という。
 唐末のタングートは、東山、南山、平夏の3部族に大別される。9世紀の後半、平夏部の首領拓跋思恭(しきょう)が、黄巣(こうそう)の乱を鎮めた功績で唐朝から節度使に任ぜられ、李姓を賜り、その子孫は代々夏州定難軍節度使を世襲した。思恭から9代目に、その承襲をめぐって、宋(そう)に服従した兄の継捧(けいほう)と、全面的に宋に反抗し契丹(きったん)に臣属の礼をとった弟の継遷(けいせん)との間に紛争が起きた。やがて継遷の子徳明(とくめい)が後を継ぎ宋と和解し、徳明の子元昊(げんこう)になって、独立王国西夏(せいか)国が誕生する。1227年チンギス・ハンによって西夏国が滅亡してのち、タングート人は漸次漢族はじめ近隣諸族と融合した。[西田龍雄]
『岡崎精郎著『タングート古代史研究』(1972・京都大学東洋史研究会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のタングートの言及

【西夏】より

…11~13世紀にかけてタングート族が築いた国家。中国の西北部,寧夏,甘粛,オルドス,陝西の諸地域を領有した。…

【青白塩】より

…陝西と寧夏の境域,塩州五原付近には,烏池(うち),白池など多数の内陸塩湖があり,その色合いから青塩,白塩と呼ぶ良質の塩を産した。唐から宋初にかけて,この一帯に住むタングート(党項)族はこれを中国向けの主要な貿易品としてきた。10世紀後半,中国を統一した宋は,全国的な塩の専売実施の必要から,青白塩の流入を禁止したが,この措置はタングート族が団結して宋に敵対する原因となった。…

※「タングート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タングートの関連情報