(読み)ビン

百科事典マイペディアの解説

鬢【びん】

日本髪の部分名称で,左右両側の部分をいう。鬢が最も強調されたのは江戸末期で,灯籠(とうろう)鬢という左右に広がった鬢が流行し,べっこうやクジラのひげで作った鬢張りを用いて鬢を張らせた。ほかに吹鬢,繻子(しゅす)鬢などがあり,男髷(まげ)にも糸鬢,撥(ばち)鬢などがある。
→関連項目髪形

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

びん【鬢】

頭の左右側面の髪。 「 -に白いものがまじる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【髪形】より

…貴族や武家の女性は江戸前期までは中世以来の垂髪を踏襲していたが,庶民の間では,髷を結うことに積極的であった女歌舞伎や遊里の女性たちを中心として広まり,江戸中期以後には,島田髷や勝山髷が一般女性の間で広く結われるようになり,日本結髪史上の黄金時代ともいわれる多様な髪形の誕生を見たのである。 江戸時代女髷の概要を述べると,中期以降における特徴として,髪を前髪,髷,両鬢(びん),髱(たぼ)の五つに分髪して結いあげる形式が生まれ,後世の日本髪の基礎となった。この分髪形式は同時に生まれたわけではなく,それぞれの発達経路が少しずつ異なる。…

※「鬢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android