コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼界カルデラ キカイカルデラ

3件 の用語解説(鬼界カルデラの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きかい‐カルデラ【鬼界カルデラ】

鹿児島県、大隅諸島硫黄島(いおうじま)北西部から竹島を北縁とする海底カルデラ。面積約233平方キロメートル。約7300年前に起きた巨大噴火によって作られた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きかいカルデラ【鬼界カルデラ】

薩摩半島の沖合い約50キロメートルにある海面下のカルデラ。カルデラを囲むように硫黄島(鬼界ヶ島)と竹島が分布。約6300年前に大噴火し、「あかほや」を放出した。 → あかほや

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鬼界カルデラ
きかいかるでら

鹿児島県口之三島(くちのみしま)の硫黄島(いおうじま)(鬼界ヶ島)北西部から竹島を北縁とする東西約23キロメートル、南北約16キロメートル、面積約233平方キロメートルのカルデラ。1943年(昭和18)に地質学者松本唯一(ただいち)が提唱した、九州中部~南部に連なる阿蘇(あそ)型大カルデラ群の一つ。この地域の基盤岩を覆う火砕流堆積物(たいせきぶつ)の分布や、海底地形から推定したもので、更新世(洪積世)末期、大噴火後に山体が陥没してできたと考えられる。カルデラ内に稲村岳、硫黄岳、1935年誕生の新硫黄島がある。[諏訪 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鬼界カルデラの言及

【硫黄島】より

…東西約6km,南北約3km。竹島とともに鬼界カルデラ(カルデラの直径東西約22km,南北約13km,形成時期不明)の北外縁に位置する。北端部から南西部にかけては先カルデラの火山体で,標高約300m以下の山地または台地からなる。…

※「鬼界カルデラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鬼界カルデラの関連キーワード総合年表(ヨーロッパ)日本年号一覧姓名/日本のおもな姓氏総合年表(北・東・東南アジア)季語総合年表(アメリカ)総合年表(西・南アジア)名数小辞典日本日本神話の神々

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鬼界カルデラの関連情報