コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魂祭 たままつり

百科事典マイペディアの解説

魂祭【たままつり】

御魂祭とも。祖霊祭のこと。今日では精霊(しょうりょう)をまつるの異名だが,《徒然草》には年末の魂祭の例が見え,今も先祖正月といって正月に祖霊をまつる所もある。
→関連項目夏祭祭り

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の魂祭の言及

【盂蘭盆会】より

…陰暦7月15日を中心に行われる祖霊供養の法会。盂蘭盆供会,盂蘭盆祭ともいい,略して盂蘭盆と称し,広く魂祭(たままつり),精霊会(しようりようえ),お盆などといわれる。 盂蘭盆はサンスクリットavalambanaの転訛したullambanaの音写とされ,倒懸(さかさづり)の意で,《盂蘭盆経》によると,目連が餓鬼道に落ちた母の倒懸の苦しみを救おうとして,釈迦の教えに従って祭儀を設けて三宝に供養したことが起源であると説かれてきた。…

※「魂祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

魂祭の関連キーワードイクムスビノカミ(生産霊神)シャマニズム大和舞・倭舞魂・霊・魄エセーニン天の岩屋戸思い設ける川端康成鎮魂の歌泣い噦る天鈿女命成増さる村瀬湖十盂蘭盆会御魂祭り天太玉命生魂神猿女氏無縁仏神祇伯

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

魂祭の関連情報