コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚板 ぎょばん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

魚板
ぎょばん

魚の形をした木板。板状,または鼓形 (つづみがた) で空洞のものもあり,前者を魚板,後者魚鼓という。寺院などでこれを打って時間や行事を報知する。木魚のもとの形で,またその異名

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎょ‐ばん【魚板】

魚の形に木を彫って作った板。禅寺などで、時刻合図などにたたく。魚鼓(ぎょく)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょばん【魚板】

仏教,とくに禅宗で用いる鳴物(楽器)の一種。魚梆(ぎよほう)(開梆(かいばん)),飯梆(はんぱん),梆(ほう),魚鼓(ぎよこ∥ぎよほう)ともいう。木製で口に珠をくわえた長魚の形(主に鯉)をしており,寺院の食堂(じきどう)などに魚が泳いでいるようにつってある。一種の割れ目太鼓で,長い柄のついた木槌で打ち鳴らす。古くは木魚(もくぎよ)と同一異名であり,木魚は魚板から変形してできたと考えられている。魚板は昼夜不眠とされた魚にたとえ,修行僧の怠惰をいましめるために作られたものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぎょばん【魚板】

魚をかたどった木の板。禅寺などでこれをつるし、時刻や諸事の報知にたたいて鳴らす。魚鼓ぎよく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

魚板
ぎょばん

禅宗寺院特有の法具で、食堂(じきどう)、庫院(くいん)につるして衆を集めるために打つもの。木製で大きな鯉(こい)形または鯱(しゃち)形をし、腹中を刳(く)ってあり、水平につるして木槌(きづち)で打ち鳴らす。魚(ぎょほう)(ほう)とよばれることもあり、古くは木魚鼓(もくぎょく)という。魚形をなしているのは、魚が昼夜醒(さ)めていることから、修行僧の眠気を戒める意味があるともいわれる。[中尾良信]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の魚板の言及

【木魚】より

…東アジアの仏教法具あるいは打楽器。古くは木製の魚状の板である魚板(ぎよばん)をいう。ふつう読経用に用いられるいわゆる木魚は,魚板が変形して,中空で口が開いた木製の鈴のような形になったもので,頭部に扁平な柄がある。…

※「魚板」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

魚板の関連キーワード御・漁・禦・馭・魚まないた(俎)ヒメマスまな板諸事俎板打板

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android