(読み)ニシン

デジタル大辞泉「鰊」の解説

にしん【×鰊/×鯡】

ニシン目ニシン科の海水魚。全長約30センチ。体は長く、マイワシに似るが体側に黒点がない。北太平洋に広く分布し、沖合を回遊。春季、産卵のために群れをなして接岸する。食用。卵は数の子とよばれる。かど。かどいわし。はるつげうお。 春》「妻ももみちのくびとや—食ふ/青邨
[類語]かど春告魚

かど【×鰊】

北海道・東北地方で、ニシンのこと。かどいわし。 春》
[類語]にしん春告魚

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「鰊」の解説

かど【鰊】

〘名〙 魚「にしん(鰊)」の異名。《季・春》
※四季物語(14C中頃か)一二月「しだ、ゆづりはといへるも、ささしまめかどのうを心ぶとの御まはりの下にしかれて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「鰊」の解説

鰊 (ニシン)

学名Clupea pallasi
動物。ニシン科の寒流系海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android