コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥井信治郎 とりいしんじろう

3件 の用語解説(鳥井信治郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥井信治郎
とりいしんじろう

[生]1879.1.30. 大阪
[没]1962.2.20. 川西
日本の洋酒産業の創始者,サントリーの創業者。 1899年奉公先の薬種問屋から独立,大阪でワインの製造販売を開始した。 1906年店名を寿屋洋酒店とし,07年「赤玉ポートワイン」を発売,特に宣伝,広告に新天地を開いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥井信治郎 とりい-しんじろう

1879-1962 明治-昭和時代の実業家。
明治12年1月30日生まれ。薬種問屋につとめたのち,明治32年大阪で鳥井商店を開業,40年赤玉ポートワインを発売。大正10年寿屋(現サントリー)を設立,社長。昭和4年日本初の本格的国産ウイスキー「サントリーウヰスキー白札」の製造に成功,販売宣伝にも新機軸をうちだした。36年会長。昭和37年2月20日死去。83歳。大阪出身。大阪商業中退。
【格言など】やってみなはれ(ビール事業への進出を決意した次男へのことば)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥井信治郎
とりいしんじろう
(1879―1962)

実業家。両替商(のち米穀商)鳥井忠兵衛の次男として大阪に生まれる。1890年(明治23)大阪商業学校に入学し、92年小西儀助商店(薬種問屋)に入店、イミテーションウイスキーの調合技術を習得した。99年ぶどう酒の製造販売を始め、鳥井商店として独立。1906年(明治39)西川定義と共同経営し寿屋洋酒店と改名した。その後西川と分かれ、合名会社寿屋洋酒店とし、文字どおり独立した。現在のサントリー(株)の前身である。彼は製造分野のみでなく、販売、宣伝の分野でも才能を発揮し、堅実さのなかにも大胆さ、斬新(ざんしん)さのあふれる経営活動を行った。また、その温情主義的労務管理も注目される。43年(昭和18)日本雑酒造組合副会長、日本果実酒造組合長に就任し、翌年には全国果実酒共同販売組合理事長に就任した。「信治郎の鼻」として有名な調合技術を駆使して、晩年まで自ら率先してブレンド作業を担当した。[石川健次郎]
『杉森久英著『美酒一代――鳥井信治郎伝』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鳥井信治郎の言及

【サントリー[株]】より

…非上場。1899年鳥井信治郎により鳥井商店として大阪で個人創業され,ワインの製造販売を開始。1905年社名を寿屋洋酒店と改称,07年に〈赤玉ポートワイン〉を発売した。…

※「鳥井信治郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鳥井信治郎の関連キーワード生田和平黒田善太郎小寺源吾関定竹原荘次郎奈良磐松西原金蔵広瀬千秋前原悠一郎三井高修

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鳥井信治郎の関連情報