鳥井信治郎(読み)とりいしんじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥井信治郎
とりいしんじろう

[生]1879.1.30. 大阪
[没]1962.2.20. 兵庫,川西
日本の洋酒産業の創始者サントリー(→サントリーホールディングス)創業者。1899年奉公先の薬種問屋から独立,大阪で鳥井商店を創業し,ワインの製造販売を開始した。1906年店名を寿屋洋酒店に変更し,1907年「赤玉ポートワイン」を発売,特に宣伝,広告に新天地を開いた。1921年改組して寿屋を設立。1923年大阪府山崎でウイスキーの国産化事業に着手,蒸留所を建設し,竹鶴政孝の協力を得て,1929年日本初の国産ウイスキー「白札」を発売した。1937年高級ウイスキーの「角瓶」を発売。第2次世界大戦後に発売した「トリス」(1946),「オールド」(1950)が爆発的人気を得る。1961年二男の佐治敬三に社長職を譲り会長に就任。1955年藍綬褒章,1962年勲三等旭日中綬章を受章

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥井信治郎 とりい-しんじろう

1879-1962 明治-昭和時代の実業家。
明治12年1月30日生まれ。薬種問屋につとめたのち,明治32年大阪で鳥井商店を開業,40年赤玉ポートワインを発売。大正10年寿屋(現サントリー)を設立,社長。昭和4年日本初の本格的国産ウイスキー「サントリーウヰスキー白札」の製造に成功,販売宣伝にも新機軸をうちだした。36年会長。昭和37年2月20日死去。83歳。大阪出身。大阪商業中退。
【格言など】やってみなはれ(ビール事業への進出を決意した次男へのことば)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥井信治郎
とりいしんじろう
(1879―1962)

実業家。両替商(のち米穀商)鳥井忠兵衛の次男として大阪に生まれる。1890年(明治23)大阪商業学校に入学し、92年小西儀助商店(薬種問屋)に入店、イミテーション・ウイスキーの調合技術を習得した。99年ぶどう酒の製造販売を始め、鳥井商店として独立。1906年(明治39)西川定義と共同経営し寿屋洋酒店と改名した。その後西川と分かれ、合名会社寿屋洋酒店とし、文字どおり独立した。現在のサントリー(株)の前身である。彼は製造分野のみでなく、販売、宣伝の分野でも才能を発揮し、堅実さのなかにも大胆さ、斬新(ざんしん)さのあふれる経営活動を行った。また、その温情主義的労務管理も注目される。43年(昭和18)日本雑酒造組合副会長、日本果実酒造組合長に就任し、翌年には全国果実酒共同販売組合理事長に就任した。「信治郎の鼻」として有名な調合技術を駆使して、晩年まで自ら率先してブレンド作業を担当した。[石川健次郎]
『杉森久英著『美酒一代――鳥井信治郎伝』(新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鳥井信治郎の言及

【サントリー[株]】より

…非上場。1899年鳥井信治郎により鳥井商店として大阪で個人創業され,ワインの製造販売を開始。1905年社名を寿屋洋酒店と改称,07年に〈赤玉ポートワイン〉を発売した。…

※「鳥井信治郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥井信治郎の関連情報