コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居清重 とりいきよしげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥居清重
とりいきよしげ

江戸時代,享保 14 (1729) 年頃宝暦8 (58) 年頃に活躍した浮世絵師。号は清朝軒。初代鳥居清信門人役者絵 (→芝居絵 ) が得意でほかに美人画,肉筆画を描いて大胆な画風を示し,同期の鳥居流浮世絵師のなかで特異な存在。主要作品『大谷広次の小槌置物持ち男』『浦島七世孫』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

鳥居清重の関連キーワード鳥居清重(3代)豊月

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android