コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒本 くろほん

5件 の用語解説(黒本の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒本
くろほん

江戸時代中期~後期に行われた草双紙の一種。赤本のあとをうけて延享~明和 (1744~72) 頃流行。名称は表紙の色に由来する。同時期の青本と作者も内容もほとんど差がないが,青本のほうがやや現実的。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くろ‐ほん【黒本】

江戸中期、赤本に次いで、延享(1744~1748)ころから青本とともに婦女子の間で流行した草双紙(くさぞうし)の一。黒い表紙で、歌舞伎浄瑠璃のあらすじや英雄伝などを題材にした絵本。黒表紙。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

黒本【くろほん】

草双紙の一種。赤本の成長したもの。青本と流行期も内容もほとんど同じで,18世紀の半ば以降。青少年向きの史話,伝説,物語など。黒表紙を用いる。代表作は《恋塚物語》《三鱗青砥銭》など。
→関連項目赤本黄表紙

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

くろほん【黒本】

草双紙の一。赤本に次いで、延享(1744~1748)初年より行われ、宝暦・明和(1751~1772)の頃には青本とともに流行した絵本。中本で多くは五丁で一冊。表紙は黒色。歌舞伎・浄瑠璃・軍記物などから材をとり、青本と同一内容のものが多い。黒表紙。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒本
くろほん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒本の関連キーワード草双紙地本草紙・草子・双紙・冊子草紙店雛本絵双紙絵双紙売り絵双紙屋草双紙物《草双紙年代記》

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黒本の関連情報