コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒本(読み)くろほん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒本
くろほん

江戸時代中期~後期に行われた草双紙の一種。赤本のあとをうけて延享明和 (1744~72) 頃流行。名称は表紙の色に由来する。同時期の青本と作者も内容もほとんど差がないが,青本のほうがやや現実的。草双紙流行期の前期,中期には黒本が多く,後期には青本が多くなる。青本を黒本として出したり,その逆もあった。赤本を成人向きにしたもので,赤本同様絵が中心であるが,筋が複雑になっている。浄瑠璃筋書の絵草紙化,英雄伝,かたき討ち物,軍記物などがみられる。5丁を1冊とし,1編が2~3冊止りのものが多い。さらに筋書が複雑化し滑稽や風刺が強くなると黒本は減り,青本が増して,それが黄表紙へと発展,黒本は姿を消す。『富士浅間物語』 (46) ,『風流一対男』 (58) ,『浮世楽助一盃夢』 (62) ,『男色太平記』 (66) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

黒本【くろほん】

草双紙の一種。赤本の成長したもの。青本と流行期も内容もほとんど同じで,18世紀の半ば以降。青少年向きの史話,伝説,物語など。黒表紙を用いる。代表作は《恋塚物語》《三鱗青砥銭》など。やがて安永期(1772年―1781年)に黄表紙へと展開。
→関連項目赤本黄表紙

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

くろほん【黒本】

草双紙の一。赤本に次いで、延享(1744~1748)初年より行われ、宝暦・明和(1751~1772)の頃には青本とともに流行した絵本。中本で多くは五丁で一冊。表紙は黒色。歌舞伎・浄瑠璃・軍記物などから材をとり、青本と同一内容のものが多い。黒表紙。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒本の関連情報