コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥海山大物忌神社 チョウカイサンオオモノイミジンジャ

デジタル大辞泉プラスの解説

鳥海山大物忌(おおものいみ)神社

山形県飽海郡遊佐町にある神社。564年創祀。祭神は大物忌大神。国指定史跡の鳥海山山頂に位置する。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥海山大物忌神社
ちょうかいさんおおものいみじんじゃ

山形県飽海(あくみ)郡遊佐(ゆさ)町の鳥海山山頂に本殿、山麓(さんろく)の吹浦(ふくら)と蕨岡(わらびおか)に口(くち)ノ宮(みや)と称する里宮が置かれている。祭神大物忌神(おおものいみのかみ)。朝廷の蝦夷(えぞ)地開拓に伴って尊崇を受け、『延喜式(えんぎしき)』では名神(みょうじん)大社に列し、出羽(でわ)国一宮(いちのみや)とされた。中世以降、武門の崇敬を集め、また修験道(しゅげんどう)の霊場として栄えた。旧国幣中社。例祭は蕨岡口ノ宮が5月3日、吹浦口ノ宮が5月8日で、隔年で交互に行う。社宝に無銘太刀(たち)一振(国宝)、鎌倉幕府奉行人連署奉書、北畠顕信(きたばたけあきのぶ)寄進状(以上国指定重要文化財)などがある。吹浦口ノ宮には正月の管粥神事(くだがゆしんじ)や7月の御浜出(おはまで)神事などの特殊神事を伝える。[高橋美由紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鳥海山大物忌神社の関連キーワード山形県飽海郡遊佐町大物忌神社吹浦

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥海山大物忌神社の関連情報