コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吹浦 ふくら

2件 の用語解説(吹浦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吹浦
ふくら

山形県北西端,庄内平野の北端遊佐町の一地域。古代の貝塚や洞穴遺構が発見され銅刀や大量の石鏃を出土 (→吹浦遺跡 ) 。古くから鳥海山 (2236m) のふもとを経て秋田側へ通じる浜街道の要地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吹浦
ふくら

山形県北西端、飽海(あくみ)郡遊佐(ゆざ)町の一地区。旧吹浦村。鳥海(ちょうかい)山西麓(ろく)の日本海に臨み、古くから鳥海山登拝口の一つ。鳥海山頂に本殿のある大物忌(おおものいみ)神社の口之宮がある。吹浦漁港や海水浴場があり、岩ガキを特産する。秋田のナマハゲに似た小正月行事「アマハゲ」は国の重要無形民俗文化財。JR羽越(うえつ)本線吹浦駅があり、国道7号が通じる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の吹浦の言及

【大物忌神社】より

…正称は鳥海山大物忌神社。吹浦と蕨岡に口ノ宮がある。倉稲魂(うかのみたま)神と同神格という大物忌神をまつるが,本来はこの地方第一の高峰それ自体を対象とした自然神崇拝で,山岳仏教が関係して修験道の聖地となった。…

【遊佐[町]】より

…月光(がつこう)川水系では明治末期以来,サケの人工孵化事業が盛んで,全国有数のサケの水揚げがある。河口の吹浦(ふくら)は漁港で,鳥海ブルーラインの入口にあたり,町南部の蕨岡(わらびおか)とともに鳥海登山の根拠地である。付近の吹浦遺跡は石器時代の遺跡である。…

※「吹浦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吹浦の関連キーワード遊佐[町]山形県飽海郡山形県飽海郡遊佐町小松山形県飽海郡遊佐町菅里山形県飽海郡遊佐町杉沢山形県飽海郡遊佐町比子山形県飽海郡遊佐町吹浦山形県飽海郡遊佐町遊佐山形県飽海郡遊佐町山形県飽海郡遊佐町吉出

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吹浦の関連情報