コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴沢村 なるさわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳴沢〔村〕
なるさわ

山梨県南部,富士山北斜面の溶岩地帯にある村。地名の由来は諸説があり,古くは富士山頂付近に池があり,その水が沢を流下する際,雷鳴のように大きな音がしたことにちなむとするなどといわれる。別荘地,ゴルフ場の造成や夏季の民宿など観光開発が行われている。特別天然記念物に鳴沢溶岩樹型が,天然記念物に富士山原始林,鳴沢氷穴,大室洞穴,神座風穴付蒲鉾穴および眼鏡穴が指定されている。富士箱根伊豆国立公園に属する。富士スバルライン,国道 139号線が通る。面積 89.58km2(境界未定)。人口 2921(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

鳴沢村

県南部に位置し、富士吉田市富士河口湖町静岡県富士宮市に囲まれている。人口は3192人(1月1日時点)。県内で5番目に少ない。かつては農林業が主産業だったが、いまでは約6割が第3次産業に就いている。村内に中学はなく、鳴沢小学校だけが唯一の教育機関。

(2012-01-28 朝日新聞 朝刊 山梨全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

鳴沢村の関連キーワード河口湖自動車博物館 飛行舘ふじてんスノーリゾート富士河口湖(町)富士宮市の要覧山梨県南都留郡甲州もろこし鳴沢村の要覧鳴沢(村)青木ヶ原なるさわ鳴沢菜レイブ木造

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳴沢村の関連情報