コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶯宿温泉 おうしゅくおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶯宿温泉
おうしゅくおんせん

岩手県西部,雫石町雫石川の支流鶯宿川の渓流に沿う温泉。泉質硫黄泉泉温は 59℃。地元住民の湯治場であったが,ホテル,旅館が建ち,ゴルフ場,スキー場などの施設もふえて盛岡市郊外の観光保養地となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県〕鶯宿温泉(おうしゅくおんせん)


岩手県北西部、雫石(しずくいし)町にある行楽・保養向きの温泉。鶯宿川の山峡にわく。温泉の上流は紅葉の名所。近くのゴルフ場・スキー場の利用客も多い。単純硫黄泉(硫化水素型)。泉温59℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶯宿温泉
おうしゅくおんせん

岩手県中西部、岩手郡雫石(しずくいし)町にある温泉。鶯宿川の渓谷に臨み、ウグイス(鶯)が足の傷を湯につけているのを発見し、鶯宿と名づけたという伝説がある。湯治場であったが、近年、施設も整備し、付近にはゴルフ場、スキー場などがあり、盛岡郊外の観光保養地となっている。泉質は硫黄泉。JR盛岡駅前からバスが通じる。[川本忠平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鶯宿温泉の関連キーワード小岩井農場雫石盆地

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android