コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイタカ

デジタル大辞泉の解説

はい‐たか【×鷂】

《「はしたか」の音変化》タカ科の鳥。雌は全長39センチくらいで、上面灰褐色下面黒褐色の横斑がある。雄は全長32センチくらいで、このりとよばれ、上面が青灰色、下面は橙褐色の横斑がある。ユーラシアに分布。日本では低山の林にすむ。

はし‐たか【×鷂】

ハイタカの別名。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はいたか【鷂】

〔「はしたか(鷂)」の転〕
タカ目タカ科の鳥。全長35センチメートル 内外。雄は上面は灰青色、下面には赤褐色の横斑がある。雌は上面は褐色、下面の横斑は灰黒色。ユーラシアに分布し、日本では全国の低山帯の林にすむ。雄は雌よりも小さく、羽色を異にするので、コノリとも呼ばれる。

はしたか【鷂】

はいたか(鷂) 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鷂 (ハイタカ・ハシタカ)

学名:Accipiter nisus
動物。ワシタカ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

鷂の関連キーワードコノリ赤褐色椎柴羽色

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android