コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷹栖[町] たかす

百科事典マイペディアの解説

鷹栖[町]【たかす】

北海道中央部,旭川市北隣の上川郡の町。石狩川から取水した灌漑(かんがい)溝が発達,大水田地帯をなし,トマトジュースヒマワリ油など農産加工物も産する。南部に展望のよい近文(ちかぶみ)山がある。道央自動車道旭川鷹栖インターチェンジがある。139.42km2。7345人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たかす【鷹栖[町]】

北海道中央部,上川支庁上川郡の町。人口6871(1995)。アイヌ語チカップニ(大鳥の住んでいるところ)を意訳して命名された地名である。上川盆地北西部に位置し,オサラッペ川が大小の支流を集め,町の南端で石狩川へ注ぐ。明治中期から末期にかけて,北陸,東北,四国からの開拓者が入植し,稲作を中心として発展した。水田単作地帯であるが,近年は畑作への転換も行われ,小麦,野菜類も産し,とくにマッシュルームの栽培が盛んである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android