コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿島アントラーズ カシマアントラーズ

4件 の用語解説(鹿島アントラーズの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かしま‐アントラーズ【鹿島アントラーズ】

日本プロサッカーリーグクラブチームの一。ホームタウン鹿嶋市と周辺4市。昭和22年(1947)、大阪市に住友金属工業の同好会として発足。昭和50年(1975)に茨城県鹿島町(当時)に移転。平成5年(1993)のJリーグ発足時から参加。
[補説]「アントラーantler)」は英語で鹿の枝角の意。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

鹿島アントラーズ

英語で「鹿の枝角」(鹿島神宮の鹿と、茨城県の「茨」が枝角をイメージさせる)

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

鹿島アントラーズ

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。1993年に加盟。茨城県を活動区域とする。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鹿島アントラーズ
かしまあんとらーず

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)所属クラブ。欧文表記はKASHIMA ANTLERS。法人名は「株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シー」。茨城県鹿嶋(かしま)市、神栖(かみす)市、潮来(いたこ)市、鉾田(ほこた)市、行方(なめかた)市をホームタウンとし、茨城県を活動区域とする。ホームスタジアムは県立カシマサッカースタジアム(収容人員4万0728)。チーム名のアントラー(Antler)は英語で「鹿の枝角」の意味で、鹿島神宮の鹿にちなみ、また枝角は茨城県の「茨」をイメージすることからつけられた。マスコットは鹿島神宮の鹿をキャラクター化した「しかお」「しかこ」と「アントン」の親子。クラブカラーはディープレッド(深紅)。
 1947年(昭和22)住友金属工業株式会社蹴球(しゅうきゅう)同好会(のちに蹴球団に改称)として大阪市に創部。1973年に日本サッカーリーグ二部に昇格し、1975年に茨城県鹿島町(現、鹿嶋市)へ移転した。アマチュア時代には実績といえるものはないが、1991年(平成3)にブラジルからジーコZico(1953― )を招聘(しょうへい)し、地域と密着したクラブづくりを理念に掲げ、日本初の屋根付きサッカー専用スタジアムを建設した。その熱意が認められて1993年の開幕時からJリーグに参加した。数多くのタイトルを獲得、Jリーグ屈指の強豪である。
 獲得したおもなタイトルは、J1リーグ戦年間優勝7回(1996、1998、2000、2001、2007、2008、2009)、Jリーグヤマザキナビスコカップ優勝3回(1997、2000、2002)、天皇杯優勝3回(1997、2000、2007)で、2007~2009年のリーグ戦三連覇と、2000年の三冠(J1リーグ戦、ナビスコカップ、天皇杯のすべてに優勝)はJリーグ史上初の快挙である(2010年5月現在)。
 過去に在籍した選手には、秋田豊(ゆたか)(1970― )、相馬直樹(そうまなおき)(1971― )、名良橋晃(ならはしあきら)(1971― )、鈴木隆行(たかゆき)(1976― )、柳沢敦(あつし)(1977― )らをはじめとする数多くの日本代表選手や、ジーコ、ジョルジーニョJorge De Amorim Campos(Jorginho)(1964― )、レオナルドLeonardo Nascimento De Arajo(1969― )などのブラジル代表選手がいる。[中倉一志]
『鹿島アントラーズFC編『鹿島アントラーズ栄光の10年 Football dream 1992―2001』(2001・ベースボール・マガジン社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿島アントラーズの関連キーワードザスパクサツ群馬愛媛FCFC東京大宮アルディージャ柏レイソルカターレ富山ジュビロ磐田セレッソ大阪栃木サッカークラブロアッソ熊本

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鹿島アントラーズの関連情報