コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉾田 ほこた

4件 の用語解説(鉾田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉾田
ほこた

茨城県南東部,鉾田市中部の旧町域。北浦の北岸にあり,東は鹿島灘に面する。 1889年町制。 1955年巴村,徳宿村,新宮村,秋津村の4村と合体。 2005年村,大洋村と合体して鉾田市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほこた【鉾田】

茨城県中東部、鹿島灘に面する市。メロンイチゴなどのほか、根みつばの栽培が盛ん。平成17年(2005)10月に旭村・鉾田町・大洋村が合併して成立。人口5.0万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほこた【鉾田】

茨城県中東部、鹿島灘に面する市。北は涸沼ひぬまに接し、南部には北浦がある。北浦北岸の鉾田地区は江戸時代には那珂湊から涸沼、北浦を経て江戸に至る水運の要地。野菜の栽培、養豚が行われる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉾田
ほこた

茨城県中央東部、鹿島(かしま)郡にあった旧町名(鉾田町(まち))。現在は鉾田市の中央を占める地域。旧鉾田町は、1889年(明治22)町制施行。1955年(昭和30)巴(ともえ)、徳宿(とくしゅく)、新宮(しんぐう)、秋津(あきつ)の4村と合併。2005年(平成17)旭(あさひ)、大洋の2村と合併して市制施行、鉾田市となった。太平洋側に40メートルの急崖(きゅうがい)をもつ砂浜海岸と、広大な鹿島・行方(なめがた)台地、および巴(ともえ)川流域と北浦(きたうら)湖頭の低湿地よりなる。鹿島臨海鉄道大洗鹿島線、国道51号が通じる。JR常磐(じょうばん)線石岡駅から延びていた鹿島鉄道は2007年に廃止された。中世は鹿島氏一族が支配し、近世は旗本領が多かった。江戸時代は那珂湊(なかみなと)―涸沼(ひぬま)―巴川を経て江戸へ運ぶ米輸送路の鉾田河岸(かし)、塔ヶ崎(とうがさき)河岸があった。メロン、イチゴ、サツマイモ、ゴボウ、養豚などの農業が盛大。鹿行(ろっこう)地方の中心で官公庁が多い。大竹海岸は海水浴場。806年(大同1)創建という無量寿(むりょうじゅ)寺の紙本著色拾遺古徳伝(しゅういことくでん)(残闕)は国指定重要文化財、御文書、建造物(本堂、鐘楼、山門)は県指定文化財、ボダイジュは県の天然記念物である。[櫻井明俊]
『『鉾田町の今昔』(1960・鉾田町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉾田の関連キーワード茨城県北茨城市大津町茨城県東茨城郡茨城町大戸茨城県東茨城郡茨城町小幡茨城県東茨城郡茨城町下座茨城県東茨城郡茨城町駒場茨城県東茨城郡茨城町下土師茨城県那珂市戸茨城県東茨城郡茨城町鳥羽田茨城県東茨城郡茨城町野曽茨城県石岡市茨城

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鉾田の関連情報