コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神栖 カミス

3件 の用語解説(神栖の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かみす【神栖】

茨城県南東端にある市。鹿島臨海工業地域での重化学工業のほか、ピーマンなどの栽培や漁業も盛ん。平成17年(2005)8月に神栖町が波崎町を編入し市制施行。人口9.5万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かみす【神栖】

茨城県南東部の市。外浪逆浦そとなさかうら、利根川と鹿島灘に挟まれた平坦な低地。鹿島臨海工業地域に属し、掘り込み式の鹿島港がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神栖
かみす

茨城県南東部、鹿島(かしま)郡にあった旧町名(神栖町(まち))。現在は神栖市の北部を占める地域。旧神栖町は1970年(昭和45)町制施行。2005年(平成17)同郡波崎(はさき)町を編入し、市制施行、神栖市となった。神栖の名は旧町域にあった神之池(ごうのいけ)と息栖(いきす)神社の各1字をとったもの。旧町域は鹿島砂丘と常陸利根(ひたちとね)川沿岸沖積地とからなり、海洋性の温暖な気候をもつ。国道124号、鹿島臨海鉄道(貨物)が通じる。近世には多くの旗本領に分割されていた。米作とスイカのほかは農漁業も不振であった。北浦南部の放水路であった堀割(ほりわり)川の河口が1963年より鹿島港の掘込み基点となり、地域開発が進められた。1980年までに鹿島臨海工業地域が造成され、神栖はその中心となり、石油精製、石油化学、火力発電などが立地した。すでに1970年から操業していたが、1995年(平成7)には9968億円の製造品出荷額をもつ工業都市となった。縮小された農地ではピーマン、花卉(かき)などの施設園芸、稲作、畜産が行われる。息栖神社は鹿島、香取(かとり)両神宮とともに東国三社の一つ。曲家(まがりや)形式の山本家住宅は国指定重要文化財。[櫻井明俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神栖の関連キーワード大野鹿島臨海工業地域臨海工業地帯鹿嶋鹿島臨海工業地帯鹿嶋[市]神栖[町]岩上二郎黒沢義次郎長須祥行

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神栖の関連情報