コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神栖 カミス

大辞林 第三版の解説

かみす【神栖】

茨城県南東部の市。外浪逆浦そとなさかうら、利根川と鹿島灘に挟まれた平坦な低地。鹿島臨海工業地域に属し、掘り込み式の鹿島港がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神栖
かみす

茨城県南東部、鹿島(かしま)郡にあった旧町名(神栖町(まち))。現在は神栖市の北部を占める地域。旧神栖町は1970年(昭和45)町制施行。2005年(平成17)同郡波崎(はさき)町を編入し、市制施行、神栖市となった。神栖の名は旧町域にあった神之池(ごうのいけ)と息栖(いきす)神社の各1字をとったもの。旧町域は鹿島砂丘と常陸利根(ひたちとね)川沿岸沖積地とからなり、海洋性の温暖な気候をもつ。国道124号、鹿島臨海鉄道(貨物)が通じる。近世には多くの旗本領に分割されていた。米作とスイカのほかは農漁業も不振であった。北浦南部の放水路であった堀割(ほりわり)川の河口が1963年より鹿島港の掘込み基点となり、地域開発が進められた。1980年までに鹿島臨海工業地域が造成され、神栖はその中心となり、石油精製、石油化学、火力発電などが立地した。すでに1970年から操業していたが、1995年(平成7)には9968億円の製造品出荷額をもつ工業都市となった。縮小された農地ではピーマン、花卉(かき)などの施設園芸、稲作、畜産が行われる。息栖神社は鹿島、香取(かとり)両神宮とともに東国三社の一つ。曲家(まがりや)形式の山本家住宅は国指定重要文化財。[櫻井明俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

神栖の関連キーワードARANAMIオートキャンプ場茨城県神栖市平泉外12入会日川浜オートキャンプ場茨城県神栖市太田新町茨城県神栖市若松中央茨城県神栖市土合中央茨城県神栖市土合本町茨城県神栖市波崎新港茨城県神栖市知手中央茨城県神栖市土合西茨城県神栖市下幡木茨城県神栖市土合北茨城県神栖市土合南茨城県神栖市深芝南茨城県神栖市平泉東茨城県神栖市奥野谷茨城県神栖市大野原茨城県神栖市東和田茨城県神栖市東深芝茨城県神栖市土合東

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神栖の関連情報