コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

きく

世界大百科事典内のの言及

【醸造】より

…醸とは,樽や酒つぼを意味する酉(ゆう)の字と,なかに物をつめる意の襄(じよう)の字をあわせたもので,酒つぼなどの容器に原料を仕入んで,酒,食酢,みそ,しょうゆなどを醸(かも)すことを意味する。カビの胞子がとび散るさまから麴(こうじ)のことを〈加無太知(かむたち)〉とよび(《和名抄》),かむたちをまぜて酒を造ることを〈醸(かすも)〉といった(《古事記伝》)。また口で米を〈咀(かみ)て〉酒を造ったという《大隅国風土記》の記録を引用して醸は〈嚼(かむ)〉に通ずるとする説もある(《和訓栞》)。…

※「麴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

麴の関連キーワード練り麹・練り麴・煉り麹・煉り麴麹漬け・麴漬け・麹漬・麴漬べったら漬け・べったら漬溜まり醤油・溜まり醬油三五八漬け・三五八漬芥子漬け・芥子漬初夢漬け・初夢漬千枚漬け・千枚漬味噌麹・味噌麴アスペルギルス掛け麹・掛け麴添え・酘・添漬け床・漬床蒸し室・蒸室麹菌・麴菌麹室・麴室製麹・製麴菊醤・菊醬麴町の井戸米麹・米麴

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

麴の関連情報