コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒人意識運動 こくじんいしきうんどう

百科事典マイペディアの解説

黒人意識運動【こくじんいしきうんどう】

南アフリカ共和国において,1960年代末から1970年代にかけて学生を中心に広がった意識改革の思想と運動。ここでいう黒人とはアフリカ人だけではなく,白人人種主義によって差別されている全有色人種を意味する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒人意識運動
こくじんいしきうんどう
Black Consciousness Movement

1970年代の南アフリカ共和国で、スティーブ・ビコら若い学生が中心になって展開した、アパルトヘイト体制下の黒人に意識の変革を迫る運動。
 自らの「黒人性」という根源に立ち返って、黒人であることの誇りと自覚を通して精神的自立と自助を目ざすこの運動は、当初、教会を本拠にして黒人への医療とともに、読み書き、裁縫、保健などを教えるブラック・コミュニティ・プログラムと連帯する、黒人の生活向上運動として出発した。彼らは実践活動の場を黒人一般民衆の実生活のなかに求めたが、この運動の推進母胎となったのが、教育・医学両面での学生の技術を社会へ還元する社会奉仕、つまりボランティア活動を目的として1969年に発足した南アフリカ学生機構(SASO(サーソー))である。のちに運動の輪を一般黒人にまで拡大する目的で1972年に黒人会議(BPC)が、さらに1975年には黒人女性連合が結成されるに及び、この運動はしだいに黒人純血ナショナリズムの性格を顕著にしつつ、1976年のソウェト(ヨハネスバーグ郊外の黒人居住区)蜂起(ほうき)の推進力へと発展していく。1977年にこの運動の主導者ビコが逮捕され拷問の末獄死したが、この運動によって目覚めた若者たちは、1980年代の南アフリカの騒乱状態を導き、やがて1991年のアパルトヘイト基本三法の廃棄へと白人政府を追い込むこととなった。
 この運動を要約すれば、まず黒人の潜在意識に根深く潜む劣等感の払拭(ふっしょく)と清算に始まり、ついで「黒さ」の尊厳の自覚によって、黒人に精神的自立と自力更生を目覚めさせ、最後に南アフリカ黒人の解放へと進む、巨大な裾野(すその)をもつ抵抗運動といえる。そしてこの3段階のそれぞれの過程で、ファノンの自己検証、サンゴールの同化拒否を旗印とするネグリチュード運動、カウンダの人道的社会主義、とりわけニエレレの自立更生の思想の影響を強く受けており、その限りでは現代アフリカ思想の集大成の側面をもつということができる。なお、この運動から育った作家にM・セローテMongane Serote(1944― )、M・ムツアーツイMothobi Mutloatse(1952― )、M・マナカMatsemela Manaka(1956―1998)、M・マツオーバMtutuzeli Matshoba(1950― )、S・セパムラSipho Sepamla(1932―2007)らがおり、1978年3月創刊の『スタッフライダー』Staffriderは、この運動の精神を継承した文化雑誌である。[土屋 哲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

黒人意識運動の関連キーワード黒人意識運動[南アフリカ共和国]ビコ(Stephen Biko)ステファン ビコアフリカ文学ムチャーリセパムラ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android