黒川金山(読み)くろかわきんざん

百科事典マイペディアの解説

黒川金山【くろかわきんざん】

戦国期,甲斐(かい)国にあった武田氏金山甲州金山中核をなし,山梨県塩山市(現・甲州市)北部の鶏冠山の山中に位置した。発掘調査によると,黒川千軒地区の鉱山町は16世紀前半頃に始まり,17世紀初頭まで繁栄,のち縮小されつつも17世紀末まで経営された。経営を担当したのは金山(かなやま)と呼ばれる地侍(じざむらい)層で,配下掘子を従えて採鉱に従事する一方軍役衆として合戦にも参加した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くろかわきんざん【黒川金山】

山梨県塩山市にある,武田氏時代に繁栄した金山。16世紀の半ばに最盛期を迎え,黒川千軒と呼ばれたが,1570年代には衰え,廃山となった。在地武士団である黒川金山衆が稼行し,武田領の鉱山の中心であった。それまでの砂金による金精錬とともに,早く坑道掘りによる山金(鉱石)の採掘と,灰吹きによる金精錬とが行われ,江戸時代の採鉱・冶金技術の先駆として,重要な役割を果たした。【佐々木 潤之介

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android