コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒川金山 くろかわきんざん

百科事典マイペディアの解説

黒川金山【くろかわきんざん】

戦国期,甲斐(かい)国にあった武田氏の金山。甲州金山中核をなし,山梨県塩山市(現・甲州市)北部の鶏冠山の山中に位置した。発掘調査によると,黒川千軒地区の鉱山町は16世紀前半頃に始まり,17世紀初頭まで繁栄,のち縮小されつつも17世紀末まで経営された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くろかわきんざん【黒川金山】

山梨県塩山市にある,武田氏時代に繁栄した金山。16世紀の半ばに最盛期を迎え,黒川千軒と呼ばれたが,1570年代には衰え,廃山となった。在地武士団である黒川金山衆が稼行し,武田領の鉱山の中心であった。それまでの砂金による金精錬とともに,早く坑道掘りによる山金(鉱石)の採掘と,灰吹きによる金精錬とが行われ,江戸時代の採鉱・冶金技術の先駆として,重要な役割を果たした。【佐々木 潤之介】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

国指定史跡ガイドの解説

くろかわきんざん【黒川金山】


甲斐金山遺跡(かいきんざんいせき)

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

黒川金山の関連キーワード黒駒勝蔵(くろこまのかつぞう)丹波山(村)勝沼氏館跡軍役

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android