コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒穂病(セントオーガスチングラス)

飼料作物病害図鑑の解説

黒穂病(セントオーガスチングラス)

1998年5月に沖縄県今帰仁村の芝地で発生を確認した。病徴は出穂開花後 に種実が黒穂化し,表面は初め灰色の薄い外皮に被われるが,すぐに破れて黒粉(黒穂胞子)を飛散する。穂のほとんどすべての種実が侵されるため,穂は濃褐 色粉状を呈する。やがて黒穂胞子はすべて飛散し,花軸だけが残る。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

黒穂病(セントオーガスチングラス)の関連キーワードヒメハナムシトウモロコシクロボキンド・バリー温湯浸法堀正太郎セレサン黒穂菌黒穂病マコモ菰角真菰