コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒穂病 くろぼびょう smut

翻訳|smut

6件 の用語解説(黒穂病の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒穂病
くろぼびょう
smut

黒穂菌の寄生によって起る植物の病気カヤツリグサ科およびイネ科に寄生する。特に穀物につくので注目されている。これにおかされた茎,葉,花部などは真黒な厚膜胞子が塊のようになって生じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くろぼ‐びょう〔‐ビヤウ〕【黒穂病】

黒穂菌が寄生して生ずる植物の病害。病斑を作り、黒色の粉が充満する。稲・麦・トウモロコシ・ネギなどに多くみられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

黒穂病【くろほびょう】

担子菌類クロボキン目に属する菌類の寄生による植物の病気。オオムギコムギカラスムギ,トウモロコシなどを冒し,多くは穂,時に茎葉に黒色の病斑を生じる。腥(なまぐさ)黒穂病,裸黒穂病,堅(かた)黒穂病,墨黒穂病など種類が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くろぼびょう【黒穂病 smut】

植物の穂あるいは花の部分に,ぎっしりと黒い粉(黒穂胞子)が詰まって実が正常に実らない病気。オオムギ,コムギ,トウモロコシ,サトウキビママコノシリヌグイなどでよく見られる。黒穂病菌(クロボキン)は担子菌類のクロボキン目Ustilaginalesに属する菌の総称で,いずれも自然条件では生きた植物(被子植物)に寄生する。世界では約35属1100種が知られており,日本には17属が分布している。寄主植物の茎,葉,花などに胞子堆が発達し,内部に多量の黒穂胞子ができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くろぼびょう【黒穂病】

黒穂菌の寄生によって起こる植物の病害。ムギ・トウモロコシなどイネ科作物のほか、ユリ科・ナデシコ科などにも見られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒穂病
くろほびょう

担子菌類のクロボキンによる植物の病気で、単子葉植物、とくにイネ科植物に多く発生する。黒穂病にかかると多くの場合、花とくに子房が侵され、黒い粉を生ずる。種類が多くムギだけでも裸(はだか)黒穂病、なまぐさ黒穂病、稈(から)黒穂病、堅(かた)黒穂病がある。このほかトウモロコシ黒穂病、タマネギ黒穂病などの被害が大きいほか、イネ墨(すみ)黒穂病、モロコシ糸(いと)黒穂病などがある。
 これらの黒穂病の病原のおもな属は、ウスティラゴUstilago、ティレティアTilletia、ウロシスティスUrocystisなどである。もっとも代表的なものは、ウスティラゴ属菌の寄生によっておこるオオムギおよびコムギの裸黒穂病で、病気にかかると穂が黒くなる。黒い穂は病原菌の厚膜胞子の塊で、風によって飛散し、開花中のムギの花の柱頭から侵入し子房の中に潜伏する。翌年感染した種子が播(ま)かれると菌は苗の成長(生長)点に達し、出穂(しゅっすい)時には穂全体が侵され黒い穂になる。トウモロコシ黒穂病もウスティラゴ属菌の寄生による。茎、葉、種子などにこぶをつくり、その中に黒い粉が充満している。とくに種子の肥大が著しく「おばけ」ともよばれる。ムギなまぐさ黒穂病は、外観は健全にみえるが、種子を割ってみると黒褐色の粉が充満しており、生臭い悪臭を放つ。病原菌はティレティア属である。
 黒穂病はいずれも種子によって伝染するので、冷水温湯浸などの熱処理、または薬剤による種子消毒を行って防除する。[梶原敏宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒穂病の関連キーワード自家受粉エネルギッシュぎっしりぎっちりびっしり穂首みっしりきっしり穂先ぎっしり15種類の旬野菜

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone