コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒野田宿泰順 くろのたじゅく たいじゅん

2件 の用語解説(黒野田宿泰順の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒野田宿泰順 くろのたじゅく-たいじゅん

1804?-1862 江戸時代後期の医師。
文化元年?生まれ。安田多膳にまなび,郷里の甲斐(かい)黒野田宿(山梨県大月市)で開業。天保(てんぽう)4年名主となる。7年の甲州一揆(いっき)(郡内騒動)の指導者として翌年追放されたが,のちゆるされて帰郷した。文久2年閏(うるう)8月15日死去。59歳?姓は天野。通称は治右衛門(じえもん)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒野田宿泰順
くろのたじゅくたいじゅん
(1804?―1862)

近世末期の甲州一揆(いっき)の指導者。甲州道中黒野田宿(山梨県大月市)の荷受け問屋「糸屋(いとや)」に生まれる。天野氏、通称治右衛門(じえもん)。甲斐(かい)国山梨郡八日市場(山梨市)の安田多膳(たぜん)に医を学び、1830年(天保1)漢方・蘭方医(らんぽうい)として黒野田に開業。近郷に声望高く、33年黒野田村の名主となる。36年、甲州一揆蜂起(ほうき)の際に郡内(ぐんない)衆の代表として支配筋との折衝、情勢分析、戦略・戦術の指導にあたる。彼の起草といわれる14か条の「連判評定の事」は冒険主義、暴力主義を戒めた統一行動の基準が示され、近代的な行動綱領としての評価が高い。一揆の実行行為には加わらなかったが、指導者としての責により38年5月、中追放となり、武州所沢、越州佐渡、相州厚木などを巡歴していたが、道中筋有志の嘆願運動により39年「特赦」で帰村。泰輔(たいすけ)と改名して組頭となる。医業の余暇に漢学と俳諧(はいかい)をたしなむ。文久(ぶんきゅう)2年8月15日没。菩提寺(ぼだいじ)は谷村(やむら)(都留(つる)市)の東漸(とうぜん)寺。[小林利久]
『村松学佑編「甲州儒医列伝」(『甲斐志料集成 第7巻』所収・復刊・1981・歴史図書社) ▽小林利久「天保騒動」(『大月市史 通史編』所収・1983・大月市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

黒野田宿泰順の関連キーワード文化岩井半四郎藩学一覧サイゴン条約黒住教奈破崙天竺徳兵衛プチャーチンギャンジャセルビア蜂起

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone