コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼠木戸 ねずみきど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鼠木戸
ねずみきど

江戸の劇場の正面入口の称。見物人が穴へ入るのように体を曲げて入ったためこの名がついたといわれる。江戸三座では,中村座は竪子市村座菱形,森田座は真四角と,木戸格子の組み様が違い,ここに端番 (はなばん) がいた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ねずみ‐きど【×鼠木戸】

木戸や門扉に設ける小さなくぐり戸。ねずみど。
江戸時代、芝居・見世物小屋などの木戸に設けた、無料入場を防ぐための狭い戸。ねずみど。
民家の台所などに設ける、細い桟を打った格子戸

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ねずみきど【鼠木戸】

木戸や門扉の一部を小さなくぐり戸としたもの。鼠戸。
近世、芝居・見世物などの興行場の、観客の出入り口。無料入場を防ぐため、狭くしたもの。鼠戸。
民家の台所などで、鼠がはいれないように細かく桟を打った格子戸。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の鼠木戸の言及

【幕】より

…闇夜であることを示す〈黒幕〉をはじめ,〈浪幕〉〈山幕〉〈網代(あじろ)幕〉などの各種の道具幕,また〈浅葱(あさぎ)幕〉などがそれである。さらには,歌舞伎興行のシンボルとしての〈櫓(やぐら)幕()〉の存在も興味深いし,初期の歌舞伎では入口の鼠(ねずみ)木戸(入口が小さく,しきいが高く,人が鼠のようにして出入りするのでこの名でよばれた)のところに幕がかかげられ,入場者の側もいわばこの幕をくぐることにより,はじめて芸能の場に参加する〈資格〉が与えられるのであった。 〈幕開(まくあき)〉〈幕を切って落とす〉〈幕切(まくぎれ)〉〈幕を引く〉等々のように,日本語の語彙のなかには,芝居の幕を基盤として成立した語句は数多いが,これらの語句に含まれる祝祭的な感覚と文彩も,近代的な緞帳幕だけに限らず,上述のような幕に関する知識を通じてはじめて,その真の理解に達することができるのだということができる。…

※「鼠木戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鼠木戸の関連キーワード江戸時代くぐり戸仕切り場出入り口ねずみ見世物近世門扉鼠戸

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android