ABC(活動基準原価計算)(読み)えーびーしー(かつどうきじゅんげんかけいさん)

会計用語キーワード辞典の解説

ABC(活動基準原価計算)

活動ごとに製造間接費を把握し、原価を計算する方法。伝統的な原価計算では単一の基準ですえての間接費を計算。製造に関わる費用しか計算しないが、ABCだと製品にあわせた基準で間接費を計算し、販売費や一般管理費を含めた間接費の計算を行う。ABCは間接費の比率の高い非製造業のコスト管理にとても有効であることから、ABM(活動基準管理)として広く採用されるようになった。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android