コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

AMS エーエムエス AMS

3件 の用語解説(AMSの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エー‐エム‐エス【AMS】[Accelerator Mass Spectrometry]

Accelerator Mass Spectrometry》加速器質量分析。加速器を使って長半減期の同位体核種分離する。

エー‐エム‐エス【AMS】[alpha magnetic spectrometer]

alpha magnetic spectrometer国際宇宙ステーションISS)に搭載された宇宙線検出器。複数の検出器や計測器で構成され、宇宙線として飛来する素粒子の質量、エネルギー電荷などを測定する。重量約7トン、消費電力は2キロワット以上におよぶことから、人工衛星として単独で運用できないため、巨大な太陽電池で電力を供給する国際宇宙ステーションに搭載された。2011年5月に打ち上げられ、観測を開始。反物質暗黒物質、未発見のストレンジレットについての新たな知見が得られることを期待されている。アルファ磁気分光器アルファ磁気スペクトロメーター

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

AMS

〖aggregate measurement of support〗
総合的計量手段。国内の農業保護の削減率を決めるために、農産物の内外価格差や政府による補助金などを合計する方法。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

AMSの関連キーワードelectro-magnetic cascade showermagnetic monopolemagnetic minemagnetic compassmagnetic domain wallsmagnetic hysteresismagnetic inductionline of magnetic forceSPE 電解

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

AMSの関連情報