AQ(読み)エーキュー

人事労務用語辞典「AQ」の解説

AQ

「AQ」とは、Adversity Quotientので、一般に「逆境指数」と訳されます。AQは日常のさまざまな逆境に対する個人および組織の対応力を測定、数化するものであり、その考え方や手法はアメリカの組織コミュニケーションの研究者であるポール・G・ストルツ(Paul G. Stoltz)博士によって考案されました。知能指数の「IQ」、感情指数の「EQ」に対し、精神の強靭さやストレス耐性を示す新しい指標として注目され、研究が進められています。
(2013/6/24掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス「AQ」の解説

AQ

株式会社コーセーが販売する基礎化粧品、メイクアップ用化粧品のブランド名。同社のブランド「コスメデコルテ」が展開するシリーズのひとつ。最先端の皮膚科学に基づいて製造された高品質の化粧品ブランド。ブランド名の「AQ」は「Absolute Quality」の頭文字を取ったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典「AQ」の解説

エー‐キュー【AQ】

〘名〙 (achievement quotient の略) 学力検査で得られた学力年齢を、知能検査で得られた精神年齢で割り、それに一〇〇を掛けたもの。また、学力指数を知能指数で割り、それに一〇〇を掛けたもの。知能に比較した学力の発達程度を示すとされる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android