コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BASIC ベーシック

5件 の用語解説(BASICの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

BASIC

1964年、米ダートマス大学のジョン・G・ケムニー氏とトーマス・E・カーツ氏が開発したプログラミング言語。大型計算機のタイムシェアリングシステムをインタラクティブに制御するために開発された。比較的記述が簡単なことから、初心者向けのプログラミング言語として広く普及した。当初はインタープリター型言語だったが、BASIC言語を土台として、WindowsなどのGUIの上で、インタラクティブな操作で簡単にプログラムを作成できるマイクロソフト社のVisual Basicなど、コンパイラー型の開発環境もある。またマイクロソフト社は、同社のアプリケーションカスタマイズするためのマクロ言語を、Visual Basicと言語体系がよく似たVisual Basic for Applications(VBA)で統一した。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ベーシック【BASIC】[Beginner's All-Purpose Symbolic Instruction Code]

Beginner's All-Purpose Symbolic Instruction Codeプログラミング言語の一。1964年に米国ダートマス大学で開発され、会話型で覚えやすく使いやすいため、初期のパーソナルコンピューターに広く使用された。米国マイクロソフト社が開発したVisual BASICなどの派生言語がある。

ベーシック(BASIC)

《Brazil, South Africa, India, China頭文字並べ替えたもの》経済発展が著しく、二酸化炭素の排出量が増加している4か国。2009年にデンマークで開催されたCOP15気候変動枠組み条約第15回締約国会議)で結成。→コップ(COP)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ベーシック【BASIC】

プログラミング言語の一つ。beginner’s all‐purpose symbolic instruction codeの略。コンピューターの時分割使用(TSS)が始まった1965年ころ,遠方の端末から会話方式でコンピューターを使うための簡単な言語としてダートマス大学のケムニーJ.G.Kemenyが設計,開発した。中央のコンピューターにプログラムを記憶させたり,それを修正したり,実行してみたりすることが容易なようにくふうしてあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

BASIC
ベーシック
BASIC

1965年頃アメリカ合衆国ダートマス・カレッジのジョン・G.ケメニーとトマス・E.カーツによって開発された対話型処理向きのプログラム言語Beginner's All-purpose Symbolic Instruction Codeの頭文字をとった略称。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のBASICの言及

【言語処理系】より

…作業結果は,出来上がるスパゲッティである。 コンパイラー方式の代表的な言語にC,Ada,インタプリター方式の代表的な言語にBasic,Lisp,中間言語方式の代表的言語にJava,Smalltalkがある。プログラムの実行速度はインタプリター方式の場合,コンパイラー方式に比べ,かなり低速となる。…

【プログラミング言語】より

…たとえばAPIのうち,AWT(Abstract Windowing Toolkit)を使えば,プラットフォーム固有のAPIに依存せずにグラフィカルなユーザーインターフェースをもつプログラムが作成可能である。BasicTSS(時分割システム)環境で容易に使えることをめざして開発されたプログラミング言語であるが,その簡便さを活かしてパーソナルコンピューターの普及期にBasic処理系が多くの機種に搭載されたことから広まり,現在でも教育用に多く使われている。Visual BasicマイクロソフトMicrosoft社によるプログラム開発環境であり,さまざまな部品を画面上の直接操作により配置することでグラフィカルユーザーインターフェースをもつプログラムを容易に開発できる。…

※「BASIC」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

BASICの関連キーワードダートマスダートマス大学事件聖トマス大学ジョンズホプキンス大学大学ノートリゾートマンション悪党たちのジャムセッションジョン・コルトレーン&ジョニー・ハートマンビジョンの条件サント・トマス大学

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

BASICの関連情報