BtoC(読み)びーとぅーしー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

BtoC

企業と一般消費者の間での電子商取引。Business to Consumerを略して、「BtoC」や「B2C」などと呼ばれる。オンラインショッピングなどがこれに当たる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

知恵蔵の解説

BtoC

B2C」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

ビー‐ツー‐シー【BtoC/B2C】[business to consumer/business to customer]

business to consumerbusiness to customer》企業と消費者の間で行われる電子商取引。→BtoBBtoEBtoGCtoC

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

BtoC
びーつーしー

「Business to Customer」あるいは「Business to Consumer」のこと。企業から個人へのビジネス形態をさす。B2Cとも表記する。
 企業間取引をさすBtoB(B2B)に対して、企業がダイレクトに一般消費者と取引などを行うもの。インターネットの普及に伴い拡大した電子商取引の分類の一つとしてとらえられることが多い。インターネット上のオンラインショップなどを利用して、商品やサービスを提供するビジネスをさす。
 その他、商取引以外にもマーケティングや販売促進など、企業が個人に対してさまざまな形でアプローチする場合にも使われる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

BtoCの関連情報