コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CI(コーポレート・アイデンティティ)

マーケティング用語集の解説

CI(コーポレート・アイデンティティ)

企業の特徴や個性をはっきり提示し、共通したイメージで顧客が認識できるように働きかけること。
CIの構成要素としては、社名、ブランド名称、ロゴ、コーポレートカラースローガン、コンセプトメッセージなどがあげられる。これらは、あらゆるコミュニケーションチャネルにおいて統一使用されることで、自社のイメージを形成してゆく。

出典 (株)マインズマーケティング用語集について 情報

CI(コーポレート・アイデンティティ)の関連キーワードCI(corporate identity)VI(ビジュアル・アイデンティティ)BI(ブランド・アイデンティティ)corporate colourオール‐ゾンマーフェルトの方程式コーポレートアイデンティティーコーポレート・アイデンティティコーポレート・アイデンティティネルンストの近似式(平衡定数)カウンターインテリジェンスcolor policyストロンチウム単位キュリー(単位)ドクターシーラボマイクロキュリー国際消費者機構特捜班CIハバードモデルCiストリーク景気動向指数

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android