コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

E型肝炎 イーがたかんえんhepatitis E

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

E型肝炎
イーがたかんえん
hepatitis E

飲み水などを介する経口感染型の肝炎。亜熱帯から熱帯地域にかけての風土病で,衛生状態の悪い発展途上国で流行している。経口感染する肝炎としてはA型肝炎ウイルスを原因とするものがあるが,これとは異なるE型肝炎ウイルスが原因である。 1990年,アメリカ疾病管理センター CDCなどが原因ウイルスを特定することに成功し,その後の研究で球状粒子であることがわかった。発症後約1ヵ月で治癒するが,死亡率が1~2%とA型肝炎に比べ高い。特に妊婦では 20%にも及ぶとされており,ワクチンの開発が急務となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

E型肝炎

HEVに汚染された水や食べ物から経口感染し、吐き気食欲不振などの症状が出る。通常は一過性で慢性化しないが、まれに劇症化し死亡することがある。約100年前に英国から輸入された豚と一緒に国内に入ってきた可能性があるとの研究結果があり、シカ肉や豚レバーによる感染例や、輸血で感染した例も報告されている。加熱すると感染性を失う。

(2008-04-07 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

イーがた‐かんえん【E型肝炎】

E型肝炎ウイルスHEV)の感染によって引き起こされる急性ウイルス性肝炎。主として経口感染し、一過性で慢性化はしないが、まれに劇症化する。A型肝炎と同様に、感染者の糞便で汚染された水や食べ物を介して感染し、主に開発途上国で流行するが、日本や欧米などでもブタ・イノシシ・シカなどの生肉を介して感染することがある。A型肝炎とともに感染症法の4類感染症に指定されている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

E型肝炎
いーがたかんえん
hepatitis E

E型肝炎ウイルス(HEV:hepatitis E virus)に感染して発症する急性肝炎。A型肝炎に類似する肝炎で、A型肝炎ウイルス(HAV:hepatitis A virus)と同様に、糞便(ふんべん)や汚染された食物、飲料水などから経口感染する。2~10週間程度あるいはそれ以上の潜伏期間(平均6週間)を経て肝炎として発症し、流行性を示すことが多い。日本では50歳前後の中高年男性の発症が多く、高齢になるにつれて重症化する傾向がある。東南アジアや南アジア、中央アジア、中近東、中南米、アフリカなどの開発途上国に多く流行がみられる。日本ではほとんどがこれら地域への旅行者による輸入感染症とみられてきたが、近年になって野生のシカやイノシシの生肉を食べて感染した事例や、豚の生レバーからHEV遺伝子が検出されたという報告がある。症状としては黄疸(おうだん)のほか、発熱、倦怠(けんたい)感、悪心(おしん)・嘔吐(おうと)、腹痛、食欲不振、肝腫大(かんしゅだい)などが多くみられる。一般に4~8週で治癒し、慢性化することはない。ただし妊娠後期(第3期以降)の妊婦が罹患(りかん)すると重症化しやすく、劇症肝炎や肝不全を引き起こして死に至ることもある。感染の診断はE型肝炎ウイルス抗体の検出によるが、核酸増幅検査により血中E型肝炎ウイルスRNA(リボ核酸)を検出する方法が確実である。ほとんどは安静にすることにより治癒するが、急性期には対症療法しかない。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

E型肝炎の関連キーワード「伝染病予防法」から「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」へ感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律豚の生肉・生レバー提供禁止非A非B(型)肝炎感染症予防医療法カンピロバクターウイルス肝炎E 型肝炎流行性肝炎ジビエ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

E型肝炎の関連情報