ESD(読み)イーエスディー

デジタル大辞泉の解説

イー‐エス‐ディー【ESD】[education for sustainable development]

education for sustainable development持続可能な開発を促進するため、地球的な視野をもつ市民を育成することを目的とする教育。「一人ひとりが、世界の人々や将来世代、環境との関係性の中で生きていることを認識し、行動を変革するための教育」と定義される。2002年にヨハネスブルクで開催された国連の「持続可能な開発に関する世界首脳会議」(WSSD。環境開発サミット・地球サミットとも)で日本が提唱し、「ESDの10年」(2005~2014年)が採択された。持続可能な開発のための教育

イー‐エス‐ディー【ESD】[electrostatic discharge]

electrostatic discharge》電子機器や電子回路における、静電気による放電

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ESD

環境や貧困、人権などの課題に取り組み、持続可能な社会づくりの担い手を育てる教育のこと。国連教育科学文化機関ユネスコ)が普及を進め、日本では939校ある「ユネスコスクール」が推進拠点。県内では主に新潟市や見附市の小中学校、国際情報高校(南魚沼市)などが加盟している。

(2016-07-30 朝日新聞 朝刊 新潟全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典内のESDの言及

【ジュラルミン】より

…7075合金は亜鉛5.5%,マグネシウム2.5%,銅1.6%で,引張強さ60kgf/mm2程度の強度が得られる。この亜鉛系の合金は日本の発明でESD(超々ジュラルミンextra super duralumin)と呼ばれ,〈ゼロ戦〉の骨組みに使われた。強度は高かったが,加工性は悪い。…

※「ESD」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ESDの関連情報