GOT(AST)

生活習慣病用語辞典の解説

GOT(AST)

Glutamic-oxaloacetic transaminase (グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ) の略で、アミノ酸の合成に必要な酵素のことをいいます。主に肝臓、骨格筋などに含まれ、それらの細胞に障害があると血液中に出て、数値が高くなります。QUPiO ではこの値が 13-33IU/l を正常値としています。なお、最近は「AST (アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ)」と呼ばれることが多くなっています。

出典 あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)生活習慣病用語辞典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android