コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

GOT(AST) GOT(AST)

生活習慣病用語辞典の解説

GOT(AST)

Glutamic-oxaloacetic transaminase (グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ) の略で、アミノ酸の合成に必要な酵素のことをいいます。主に肝臓、骨格筋などに含まれ、それらの細胞に障害があると血液中に出て、数値が高くなります。QUPiO ではこの値が 13-33IU/l を正常値としています。なお、最近は「AST (アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ)」と呼ばれることが多くなっています。

出典 あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)生活習慣病用語辞典について 情報

GOT(AST)の関連キーワード原発性硬化性胆管炎(PSC)原発性胆汁性肝硬変(PBC)自己免疫性肝炎(AIH)がんの化学療法薬剤性肝障害肝細胞がん

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android