コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

HB抗原 エイチビーこうげん

3件 の用語解説(HB抗原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

HB抗原
エイチビーこうげん

B型肝炎ウイルス (HBV) が体内に侵入すると,ウイルス自身がもつ物質である抗原が免疫機構を刺激し,ウイルスを攻撃する抗体が作られる。B型肝炎の場合,それぞれHB抗原HB抗体と呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

HB抗原
えいちびーこうげん

B型肝炎ウイルス(HBV)の感染宿主(しゅくしゅ)(ウイルスの寄生対象となる生物)であるヒトとチンパンジーの血液中や宿主細胞内ウイルスの粒子の表面または内部にある抗原で、粒状にみられる。HBs抗原(hepatitis B surface antigen)、HBc抗原(hepatitis B core antigen)、HBe抗原(hepatitis B e antigen)の3種がある。血液中のこの抗原や抗体を測定することは、B型肝炎の発症や病態の診断ならびにB型肝炎の疫学的研究に重要な役割をもつ。
 HBs抗原はHBVのエンベロープ(外被)を構成する小粒子で、1964年オーストラリア抗原Australia antigen(Au抗原)として発見され、73年HBs抗原として認められた。分子量2万ダルトン(1ダルトンは1.661×10-27キログラム)でエンベロープの基本タンパク質である。HBs抗原が肝臓細胞内で多く生産されると、血液中に放出される。血液中では22ナノメートル(1ナノメートルは10億分の1メートル)の球状粒子または管状粒子としてみられる。
 HBc抗原はHBVのコア粒子の部分にあり、カプソメア(カプシドの構造単位)の基本タンパク質で、分子量1万9000ダルトンである。感染した肝臓の細胞では主として核内にみられる。
 HBe抗原はHBc抗原とともにカプソメアの構造タンパク質に担われて存在する。カプシド(ウイルス核酸と結合タンパク質を取り巻くタンパク質殻)の内部にあり表面には存在しない。eは抗原決定基の名称である。カプシドのタンパク質が多く生産されると、HBe抗原の一部が分解し、血中に放出されるためその存在が確認できる。この状態はHBVの増生(増殖)が旺盛(おうせい)な時期であり、ほかの宿主細胞への旺盛な感染性を現す。HBe抗原はHBe抗体の出現によって消滅し、HBVの感染力も失っていくと考えられる。[曽根田正己]

HB抗原などによるB型肝炎の診断

前記のようなHB抗原やそれに対応するHB抗体を肝炎ウイルスの指標として診断および病態の状態を判定する。[曽根田正己]
HBs抗原とHBs抗体
HBs抗原陽性は、その時点でHBVの感染があることを示し、HBs抗体陽性は過去に感染をしたか、ワクチンの投与があったかを知る指標となる。[曽根田正己]
HBc抗原
HBc抗原陽性、HBc抗体陽性は現在B型肝炎感染の指標となる。低いHBc抗原陽性、低いHBc抗体価陽は過去のB型肝炎感染を示す。とくにIgM‐HBc抗体陽性(IgM=免疫グロブリンM)である場合は急性のB型肝炎ウイルス感染と診断できる。[曽根田正己]
HBe抗原とHBe抗体
HBe抗原陽性は血中に多量のHBVが存在することを示し、ほかへの感染性が高い状態であることを意味する。同時に慢性B型肝炎で、ウイルスを連続的に増生する状態であると知ることができる。HBe抗体はHBe抗原消失後も陽性である。このためHBe抗原陰性でHBe抗体が陽性となるとB型肝炎が鎮静化しつつあることを示す。またHBe抗体によって母親から新生児への垂直伝染があることを検査する。[曽根田正己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

HB抗原の関連キーワードHB抗原肝炎ウイルス肝炎B型肝炎D型肝炎B 型肝炎HDV肝癌劇症肝炎陳 定信

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone