コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ICI アイシーアイ ICI

翻訳|ICI

5件 の用語解説(ICIの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アイ‐シー‐アイ【ICI】[International Commission on Illumination]

International Commission on Illumination》国際照明委員会。→シーアイイー(CIE)

アイ‐シー‐アイ【ICI】[Imperial Chemical Industries Ltd.]

Imperial Chemical Industries Ltd.》英国に本拠を置く、世界有数の総合化学会社。1926年設立。2008年、オランダの化学メーカーアクゾノーベル」の傘下に入った。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アイシーアイ【ICI】

正称はImperial Chemical Industries Ltd.イギリス最大,世界でも有数の総合化学メーカー。本社ロンドン。1926年12月,ドイツイーゲー・ファルベン社の設立に対抗して,イギリスの四大化学工業会社ブリティッシュ染料,ブランナーモンド社(アンモニアソーダ),ノーベル・インダストリーズ社(火薬),ユナイテッドアルカリ社(肥料,ソーダ)が合併して誕生した。その後,イギリス連邦全体の総合化学会社として発展し,低密度ポリエチレンポリエステル繊維テリレン〉(日本での商標テトロン)などの画期的新製品を開発した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ICI
アイシーアイ

インペリアル・ケミカル・インダストリーズ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ICI
あいしーあい

イギリス、ロンドンに本社を置いていた世界有数の総合化学会社、インペリアル・ケミカル・インダストリーズImperial Chemical Industries PLCの略称。2008年1月に買収され、アクゾノーベルの傘下に入った。
 1926年、イギリスの化学会社ブラナー・モンドBrunner, Mond & Co. Ltd.、ノーベルNobel Industries Ltd.、ユナイテッド・アルカリUnited Alkali Co. Ltd.、ブリティッシュ・ダイスタッフBritish Dyestuffs Corporation Ltd.の4社を統合し、資本金5680万ポンドで創設された。4社統合の意図は、その前年に設立されたドイツのイー・ゲー・ファルベン社や急成長を続けるアメリカのデュポン社に対抗して、世界市場で優位にたつためであった。ノーベル社の社長ハリー・マガウアンやブラナー・モンド社の社長アルフレッド・モンドなどが大同団結して海外のメーカーから市場を守る必要を説き、4社統合ICIの設立にこぎつけたのである。初代社長には、モンドが就任した。
 設立当初の主要製品分野は、肥料、ソーダ、染料、火薬であった。その後、競争の回避を目的として、イー・ゲー・ファルベンやデュポンとの間に世界市場分割協定を締結した。その一環として、1929年、デュポンと特許交換協定を交わしたことは有名である。
 第二次世界大戦後、とくに1950年代以降、国際競争が激化し、経営は悪化した。1960年代に入ると社長ポール・チェンバーズのもとで、アンモニア、石油化学、合成繊維などの分野で大規模な設備投資を行い、多角化戦略を追求するとともに、海外市場にも積極的に進出した。しかし収益状態の改善にはかならずしもつながらなかった。社長エリック・カラードが展開した1970年代の経営戦略は、生産性の向上とファイン・ケミカル(少量、高純度の化学製品)への進出であった。とくに後者は、1971年アメリカのアトラス・ケミカルを買収したことがそのきっかけであった。
 1991年にハンソン・トラスト社からの買収提案を機に、より高収益の企業体質に転換することが迫られた。そのため、選択と集中の戦略がとられ、1993年には製薬、農業化学、種子、生物製品など生化学分野の事業を分離し、また同年、薬品のゼネカ・グループを分社した(これは1999年にスウェーデンのアストラ社と合併してアストラゼネカとなった)。1997年にはイギリス、オランダ系食品・日用品メーカーであるユニリーバのファイン・ケミカル部門を49億ポンドで買収して、付加価値の高い特殊化学製品の強化を図った。同時に、景気変動の影響を受けやすい基礎化学品部門を切り離した。その結果、基礎化学品部門の売上げに占める比率は1993年には56%であったが、1998年には25%に低下した。
 このように従来からの多角化戦略を見直して、1990年代には事業分野の整理統合を図り、株式価値重視の政策を追求するようになった。1999年時点のICIの事業は、特殊化学製品と塗料を柱としており、特殊化学製品部門を支えるのはユニリーバから買い取ったナショナル・スターチ・アンド・ケミカル社、クエスト社、ユニケマ社、クロスフィールド社の4社であった。ナショナル・スターチ・アンド・ケミカルは接着剤、特殊合成ポリマー、工業用デンプンなどを製造し、世界36か国に製造拠点をもち、クエストは香水や食用香料、ユニケマは天然油を原料とする化学製品、クロスフィールドは洗剤原料、触媒などを生産していた。塗料部門は傘下のICIペイント社が建築・装飾用塗料および飲料・食料用缶のコーティング材で世界屈指の生産量を誇っていた。1998年末の売上高は92億8600万ポンド、従業員数約5万8700人であった。しかし、その後の選択と集中の結果、2006年の売上高は48億ポンド、従業員数は2万9000人に縮小していた。売上げの50%がペイント部門、また従業員の87%が海外の人員であった。なお、日本には1976年(昭和51)に子会社ICIジャパンを創設し、日本エヌエスシー社、クエスト・インターナショナル・ジャパンなどの会社や研究施設を設立した。
 2007年6月、ICIはオランダのアクゾノーベルからの買収提案を受け、交渉の結果、80億ポンド(160億ドル)での売却が成立。ICIは2008年1月をもって、アクゾノーベルの傘下に入り、独立企業としての存続に終止符を打つことになった。吸収直後は会社扱いであったが、現在ではアクゾノーベルに完全に吸収されており、ICIの名称は消滅した。[湯沢 威・上川孝夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のICIの言及

【ノーベル・インダストリーズ[会社]】より

…ダイナマイトの発明者A.B.ノーベルが建設した爆薬工場を前身とする爆薬製造会社。イギリスの化学会社ICI(インペリアル・ケミカル・インダストリー)社が1926年設立されたとき,母体となった4社のうちの一つ。1866年ころダイナマイトを発明したノーベルは73年までにヨーロッパを中心に15の爆薬工場を建設した。…

【化学工業】より

…大戦後の20年代には,ヨーロッパ化学工業製品の対日輸出が再開され,ソーダ,染料,窒素という近代化学工業の三大部門のいずれもが,ヨーロッパ化学工業との競争に直面した。ドイツでは25年にBASF社等の染料企業6社が合併して巨大独占体イーゲー・ファルベン社が設立され,イギリスでは26年にブランナー・モンド社を中心に4社合同によってICI社(インペリアル・ケミカル社)が設立された。前者は染料,硫安,後者はソーダ,硫安で輸出依存度を高めながら生産を拡大し,日本はその主要輸出市場とされたのである。…

【石油化学工業】より

…ナイロンは,38年デュポン・ド・ヌムール社(以下デュポン社)のW.H.カロザーズが発明したものだが,その開発は,爆薬の生産により第1次大戦中に急成長を遂げたデュポン社が,新たな発展の場を求めて豊富な資金を有機合成化学の基礎研究に注いだことによって成功したといえる。 他方,低密度ポリエチレンはイギリスのICI社によって1931年偶然に発明されたが,その工業化は39年になってスタートした。1930年代にはこのほか,ポリスチレン,塩化ビニル樹脂の開発も進められ,30年代の末には,合成繊維,プラスチック,合成ゴムという現在の石油化学工業を代表する製品のラインナップがいちおうでき上がった。…

※「ICI」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ICIの関連キーワード正称British imperial systemchemical kineticscrown imperialLe Garde Meuble ImperialimperialImperial Chemical Industries Ltd.Imperial Commissionerimperial purpleImperial State Crown

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ICIの関連情報